ドラクエ ドラクエ7

ドラクエ7 すれちがい通信の設定方法

2013/08/13

この連休はドラクエ7をそこそこプレイしたnovです。こんばんは。

さてさて、先週の木曜日に発売された「ドラゴンクエストVII」。
子供たちにも巻き込んでワイワイやっております。

とはいえまだプレイ時間も10時間程度と微妙なんですが、今回のリメイクの目玉でもある「すれちがい通信」が出来るところまではストーリーが進んだので備忘録として設定方法を記します。

 

 

すれちがい通信とは

すれちがい通信とは3DSの機能を使ってドラクエ7の石板データをやり取りすることです。
設定した3DSをカバンに入れて街に出て、同じように設定している人とすれ違うとデータのやり取りが始まるってやつですね。
今回のドラクエは「移民」で手に入れた石板などをやり取り出来ます。
9の時の「地図」みたいなもんですね。


まずは移民の町を出現させる

ストーリーの序盤の「ダイアラック」のイベントをクリアすると、移民の町が現れます。
ここに「移民」を集めると、ご褒美として「石板」をもらえるようになります。
どんどん移民を増やすと石板が増えるってことですね。


モンスターパークに行こう

移民の町の地下に石板をセットする場所があります。
そこの右に旅の扉があり、その先にモンスターパークがあります。
ここですれちがい通信の設定出来るようになります。

1
 

すれちがい通信をするためには

すれちがい通信をするためには「すれちがい石板をおくる」を選択します。
持っている石板から一つ選んで、あとは表示に従ってプロフィール設定をするだけ。

2
 

簡単ですよね!

設定が問題なければ選んだ石板の横にマークがついてます。

4
 

あとはそのまま閉じてスリープにするかホーム画面の状態で閉じるかでOK。
すれ違い開始です。


すれちがい通信の注意点

すれ違いの石板を選ぶには、その石板のボスをクリアしてなければなりません。
持ってるだけじゃダメなので、必ず移民の町で石板をセットしてボスを倒しておく必要があります。


ヨドバシ京都で実践してみた

子供のガンバライドも連れていかなきゃならないのでヨドバシ京都まで行って試してきました。
ドラクエ9の時はバンバンすれ違った「聖地」です。

3
 

結果は・・・一つだけ(苦笑)
しかも「スライムだらけの森」という一番最初に手に入るやつ・・・
ま、僕の配信してたのも変わらないレベルですけど(笑)
やっぱりみんな、Wi-Fiのほうでやってるのかな?


もう一つの方法「Wi-Fiすれちがい」

今回のすれちがい通信はWi-Fiを使ってネット上ですれ違うことも出来るようです。
その方法は・・・まだ実践してないので次の機会にでも(笑)

スポンサードリンク

-ドラクエ, ドラクエ7

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。