MIX エンタメ

あの「タッチ」の続編?! 明青学園が舞台のあだち充「MIX 1巻」を読んでみた

2014/09/06

まだまだ熱がすっきりしないnovです。こんばんは。

体調を崩すと当然寝てることが多いのですが、そんな時に読書ってのは持ってこいですよね。
ま、僕の場合は読書っていってもマンガになるのですが。

という訳で安静のお供に読んだマンガがあるのでちょいとご紹介。
ご存知の方も多いと思いますが、あの「タッチ」の続編かも・・・と話題のあだち充「MIX」を読んでみました。
以下、多少のネタバレありなのでご注意ください。

最新5巻のネタバレ感想はこちら




舞台は26年後の明青学園

舞台は明青学園
上杉兄弟の伝説から26年、
今、再び運命の兄弟が
明青学園の扉を開く。

こんな文章が裏表紙に書いてあります。
この文章の通り舞台は「タッチ」の達也と和也、南がいた明青学園で繰り広げられます。

MIX1
まあ、まずは中等部からですが。
この時点で、タッチファンだった僕としてはテンションアップ!
達也や南の今が見れるんだろうか・・・


物語は3兄妹を中心に

登場人物はあだち充マンガにおいて主役顔の「立花投馬」とライバル顔の「立花走一郎」、それにヒロイン顔の「立花音美」の3兄妹がメイン。
兄妹なんだけど、実は子連れ再婚同士で、投馬だけは血が繋がってないという設定。
なんともあだち充らしいですね。

投馬と走一郎が明青学園中等部の野球部の2年だけど、本人たちが望む「投馬がエースで走一郎がキャッチャー」という展開にはほど遠いという状態。
原因は金持ちのOB会会長の息子がエースに君臨してて・・・
まあ、このあたりもあだち充節全開ですよね。


完全なあだち充劇場

まあ、あだち充作品の持ち味っていいますか、物語の序盤はあまりストーリーは動きません。
日常の中に伏線は見られますけど、グイグイと引きつけられるような出来事は起こらないんですよね。
でも、過去のあだち充作品と同じように、おそらくはある程度の時点から熱血野球マンガになるんだろうと思います。
1巻はそんな伏線のための期間って感じがします。


気になるタッチの登場人物は?

1巻時点では26年前との関係があまり見られません。
チラホラと過去に一度だけ甲子園に出た事があるとか、主人公たちの家から明青学園の背番号1のユニホームが出てくるとか、そんな程度です。


40代の達也と南が出てくると思ってた過去ファンには拍子抜けですね(笑)
まあ、でも主人公たち、特に投馬の方とは何らかの関係があるんじゃないかと思わせてます。
何にせよ、1巻の時点ではまったく分かりません。
今後の展開に期待です。


あだち充作品は読み続けてナンボ

結論的にMIX1館は、まあそこそこ面白いっといったところでした。
僕のようなタッチを知る往年のファンの人なら、特にいろんな想像が出来てなお良しです。

まあ、あだち充の作品は続けて読んで味が出てくるって作品だと思うので、今後の展開が楽しみですね。
と思ったら2巻ってもうすぐ発売じゃないですか。
1巻買うのが遅かったな(笑)
今から読む方は1,2巻続けてどうぞ(笑)



MIX 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

MIX 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

MIX 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

MIX 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

MIX 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

MIX 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

スポンサードリンク

-MIX, エンタメ

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。