健康

かかりつけ医の存在は大切だってお話

2014/09/06

熱の原因が分かったところで体調が悪いのは変わりないnovです。こんばんは。
まあ、気分的にはスッキリしてますけどね。

約10日前に発熱した謎の症状。
病院に行ってもインフルエンザでもないし風邪、もしくは原因不明な発熱と言われてたんですけど、昨日原因がハッキリしたので、これまでの経緯を含めて備忘録として書いておきます。

言えることは「かかりつけ医」ってのは大事だってことです。



 

始まりは10日前

10日ほど前に発熱し、かなり高熱になったので病院に行ってきました。
もちろんインフルエンザだと思ったんですけど、結果は陰性。
とりあえず風邪薬と咳止め、解熱剤を処方されて帰りました。

2  

下がらない熱

とりあえず一晩寝ても39度の熱が下がらないので解熱剤を飲んでみることに。
若干は下がるもののすぐぶり返すという状況が3日ほど続きました。
この時点で「ああ、やっぱりインフルエンザだったんだなあ」と思ってました。
だってもらったクスリが全部効かないんですもん。
そりゃ風邪じゃないよねって話です。


2度目の病院

3日経っても熱が下がらないので再度病院へ。
保険無しのインフルエンザ検診とかの記事を書いた頃だと思いますが、インフルエンザだったと安心したいので検査をするも陰性。

血液検査と胸部レントゲン検査をしても原因の特定は出来ず。
肺炎でもないとの判断。
僕が「もらったクスリも全く効かないし何なんでしょうね?原因が知りたい」と言っても、担当医は「風邪薬なんて効かないよ。あれは症状を軽くするだけのもの。風邪で高熱が続くことや咳が続くこともある」の一点張り。
この時点でこの担当医にかなりの違和感を覚えたのも事実でした。

3  
言ってることは一理あるけど患者の不安を取り除くのも医者の役目だと思うんです。
せっかく血液検査もしてるので、ここの数値が安定してると内臓の疾患はないよとか、重篤な病気ではないよとかデータを絡めて説明して欲しいんですよね。
その上で原因が特定出来ないけど、可能性のある原因に効果的な薬を使ってみましょうかとかの試みが欲しいと思うのは、僕のワガママなんでしょうか・・・


3度目の病院

結局、その後も熱が下がることはなく解熱剤に頼り日々。
その解熱剤がなくなりそうだったので薬だけ貰えないかと病院に行ってみたんですが、診察しないと薬は出せませんと言われました。
正直、また同じ病院で診察するなら違うところで精密検査してもらった方がマシと思ってたんですが、解熱剤がないと耐えられないので仕方なく診察してもらうことにしました。

僕の通ってる病院は中クラスの総合病院で曜日によって外来の担当医が変わるところです。
ここで初めて以前にお世話になった女性のお医者さんが出てきてくれて少し安心しました。
あ、女性だからってことじゃいですよ(笑)
この先生には以前長く診察してもらったことがあったので信用出来るっていいますか。

そして再度、血液検査と胸部レントゲン、尿検査をすることに。
こないだしたのにまたか・・・と思いましたが、とりあえず指示に従いました。
で、診察してもらうんですけど、開口一番にレントゲンを見ながら「あー・・・肺炎で間違いないと思います・・・」の一言が。

4  
こっちからしたら「えー!」ですよ。
こないだ同じ検査して肺炎はないと診察されたのに!
今回の先生も「これは辛かったですよね?ウチがここまで引っ張っておいて何なんですが即入院のレベルです。」だってよ。
さすがに笑うしかなかったですよ・・・


結局はもう少しだけ様子見

話をよく聞いてみると、血液検査や症状からは肺炎の線をまず疑う数値だとのことでした。
その先生も口には出さなかったけど、前の先生がなぜその判断に至らなかったのか理解出来ないという表情でした。
今回の肺炎(しかもマイコプラズマの可能性も高い)は発熱して10日ほど経過していることもあり、すでの症状のピークか下り坂に入った頃だと言います。

話あった結果、抗生物質を投入して3日だけ様子を見ることにしました。
もしそれでも熱が下がらなければ入院ということで。

正直なところ、この先生は良いとして他の担当医の対応には怒りを覚えます。
適当な仕事すんなって感じですよね。
これ、高齢者相手なら大変なことになってたかも知れません。
ホントに腹立たしい。


かかりつけ医を持つことが大切

今回のことで学んだことが一つ。
やっぱり自分の「かかりつけ医」を持つっていうことが大事だということ。
ちゃんと話が出来て治療方法などをお互いに決めていける、そして重篤な病気の時はすぐに他の病院を勧めてくれるような良識のある「かかりつけ医」を持つことが自分の健康管理の一つにもなるということです。

1  
そういう意味では総合病院ってのは難しいかも知れません。
先生を予約出来ない場合もありますしね。
理想は町医者なんでしょうけど、最近そいうの少ない気もするしねえ。

僕はこの病院に行くときは今回最後に担当してくれた先生のいる曜日しか行かないことに決めました。

とりあえず肺炎はまだ完治してないのでしばらくは安静にしておきます。
あ、入院したらこのブログはお休みかな!?

スポンサードリンク

-健康

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。