エンタメ 宇宙戦艦ヤマト

微妙に違う?コミック版「宇宙戦艦ヤマト2199」1巻&2巻を買ってみた

2014/09/06

そろそろジョギングを再開しないとなあと思ってるnovです。こんばんは。

今回もマンガネタ、そしてヤマト2199ネタです(笑)

つい先日のこと、ちょっと仕事関係の本でも探そうかなと本屋に立ち寄ったのですが、出てくる時にはなぜか「宇宙戦艦ヤマト2199」を手にしてたんですよ。
不思議なことでしょ(笑)

DVD版も見ずに毎週の放送を楽しみにしている僕としては、先にコミックで読んじゃうのもなあと思ったんですけど買っちゃいました。
これはTV版とは微妙に違うので面白かったのでご報告を。



 

大筋はTV版と一緒

当たり前ですが、コミック版の設定やストーリーなどの大筋はTV版「宇宙戦艦ヤマト2199」とほぼ同じです。
1巻はヤマトの発進までですが、全く同じといっても過言じゃないです。

1
 

TV版の迫力ある戦闘シーンも良いですが、コミックで状況をゆっくり確認しながら読み進めるのも良しといった感じでしょうか。


コミック版での違い

とはいえ、コミック版でも少し違いが出てます。
個人的に一番違うなあと思ったのは、森雪のキャラ。


TV版は今のところクールビューティっていう感じですが、コミック版はもう少しあどけない感じの設定です。
特に古代に対する反応は、かなり初期段階から好意を持ってるようで、ちょいとラブコメ要素が強いような(笑)

僕的にはこっちの森雪の方が好感持てますね。
一応19歳の設定なんだし、このくらいの方が良いよ、うん。

そして、もう一つは演出の違いかなあ。

例えば、古代の兄の守が「ゆきかぜ」で散るシーン。
TV版はオープニングで描かれましたが、コミック版ではそれがありません。

とあるシーンで古代たちが同型の難破船?を調べるシーンがあるのですが、そこでこれが守の乗艦であった「ゆきかぜ」だと判明します。
そこのブリッジのブラックボックス的なものを調べたことで、守の最後、要はTV版の冒頭シーンに繋がります。

これは胸熱ですよね。
これも僕はコミック版の方が好きだなあ。


3巻以降も違いに期待

1巻はヤマト発進まで、2巻はさっきの「ゆきかぜ」のシーンまでです。
おそらくTV版の4話くらいまでかな?

3巻がいつ発売されるか分かりませんが、これは期待せざるを得ませんね。
早く出ないかなあ。


ヤマトファンの方、読んで損はないと思います。ぜひ!!



 



 

スポンサードリンク

-エンタメ, 宇宙戦艦ヤマト

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。