エンタメ 宇宙戦艦ヤマト

デスラー登場!そして冥王星攻略!「宇宙戦艦ヤマト2199」第6話感想

2014/09/06

二日酔いも治ってビールが美味いnovです。こんばんは。

さて、今週も日曜日がやって来ました!
日曜といえばヤマト、ヤマトといえば日曜日。

第6話はついにデスラー総統の登場と冥王星の攻略!
もうツイートするのも忘れるくらいの充実度でした!
今回もネタバレありですのでご注意を。



 

ついにデスラー総統登場

ついにというか、やっとというか6話にして敵の総大将「デスラー」が登場しました。
いきなり入浴シーンで登場するところはナルシストさ全開で良い演出ですね(笑)

デスラー登場シーンにはもう一つ重要なシーンが。
ヤマト撃沈の報告と、ヤマトが光速を超えたと聞いて、総統府の窓から美しい星を眺める・・・
これは、アレですね、かなりの重要ネタバレですね(笑)


反射衛星砲撃破!

今回の見所は相変わらずの美麗戦闘シーン。
先週で撃沈されたと思われたヤマトはなんと船体を反転させて潜水艦モードで浮上!

第三艦橋の主役になる瞬間ですね(笑)

ここから敵兵器が衛星を使った攻撃であると推測したヤマトは反射衛星砲が発射されたのを機に、その反射ルートを測定。
潜水艦モードでの砲撃でこれを撃破!

さらには古代らが突きとめた反射衛星砲の位置を特定して第二撃の発射と同時にこれを狙い撃ち!

いやあ、もうスピード感がハンパない!
格好良かったの一言ですよ。
ヤマト万歳(笑)


冥王の落日

その勢いのまま冥王星基地を攻略するヤマト。
ちょっとガミラス艦隊や基地に対してヤマトが圧倒的なのは微妙な部分もあるけども、なかなかにスカっとするシーンですね。

1/1000 宇宙戦艦ヤマト2199 (宇宙戦艦ヤマト2199)

 

しかし敵将のシュルツは脱出して撤退するわけですけど、側近の特攻によってそれはなされます。
このシーンはヤマト1話の沖田と古代守を思い出させて、敵方にも怨恨が生まれるんだなあと思ったり。

さらに細かい設定ですが、どうもシュルツなどの青い肌でない人たちは、地球と同じようにガミラスに占領された種族であることも臭わせます。
なるほど、ガミラス星人でも肌の色が違うのはそういうことか。

そのシュルツは来週にもデスラーによって粛正されるのか・・・
なんか切ないな・・・

というわけでヤマト第6話「冥王の落日」も燃えに燃えた内容でした!
来週からは外宇宙。
この辺りからストーリーがオリジナルから大きく動くという話なので、ますます楽しみです!
ではまた第7話感想でお会いしましょう!

スポンサードリンク

-エンタメ, 宇宙戦艦ヤマト

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。