エンタメ バガボンド

【ネタバレ】生きるとは。強さとは。痩せた土地の開墾を通して問いかける「バガボンド」36巻感想

2014/09/06

ちょいと風邪気味なnovです。こんばんは。

本日、10月23日は待望の「バガボンド」36巻の発売日。
早速手にとって読んでみました。
36巻も深い!

※ネタバレ感想なのでご注意下さい。

※最新37巻のネタバレ感想はこちらから

baga_2-150x150 【ネタバレ】剣と土・・・ か弱き稲の命を介して武蔵が変わる! 「バガボンド」37巻感想


痩せた土地の開墾を通して変化する武蔵

一言で言っちゃうと、36巻も田んぼを作る話です。もちろん小次郎も出てきません。
なのに面白い!やっぱり井上雄彦は天才ですね。うん。

バガボンド36巻  

大まかなあらすじはこうです。

武蔵と伊織は相変わらず田んぼを作るために四苦八苦。
作物が全く取れなり、飢餓であえぐ集落では武蔵の行動を馬鹿にしていた者の中にも賛同者が出てきます。
徐々にその人数は増えていき、最後の希望を武蔵の田んぼに託します。

一方、集落で唯一田んぼを持つ秀作も、年老い、死に行く村長と関わることで武蔵の開墾に協力を始めます。
何度か絶望的な失敗を繰り返しながらも、村人たちの「生きる」という意思を込めた武蔵の田んぼは水を張ることに成功。

冬を越せば苗を植え米を収穫出来る。
その準備も虚しく、飢餓にあえぐ集落では一人、また一人と命を落とし・・・
ついに伊織までもがその犠牲になろうとしていて・・・

とまあ、ストーリーだけ追うとこんな感じです。


強さとは

ストーリーも重要ですが、やっぱり本題は開墾を通して武蔵が自問自答する「生きること」「強さとは」がポイント。

今まで天下無双を目指し、多くの命を奪ってきた武蔵。
が、この集落の現状において武蔵の追い求める剣の「強さ」は何も役に立たないわけです。

バカボンド36巻  

「命を奪うこと」と「命を与えること」。本当の強さとは何だ。
武蔵はそんなことを考えながら開墾を続ける・・・

なるほど。史実によると武蔵は晩年、芸術家や思想家っぽい一面もあったそうです。
バカボンドにおける武蔵が史実通りになるかは分かりませんが、こういう経験をきっかけに意識が変わって行くということなんでしょう。

確かに生きることにおいて必要な強さって場面場面で変わりますもんね。
天下無双とは剣のみにあらず。その人自身の心の強さ。そういったことなのかな。
あ、すでに物語の最初の方で柳生石舟斎が言ってるか。


生きるとは

飢餓に苦しみながらも自らは食料に手を着けず、他の者に分けてあげてくれと言う村長。
屍によって、新しい命が生きられる・・・
そう言って村長は集落の土に帰ります。

年老いた自分よりも生まれてきた新しい命を助けてくれ。
これを言える人は本当に「強い」と思います。
36巻の中で、僕の心に強烈に残ったセリフの一つですね。

バカボンド36巻  

一方の村人たちは開墾を続ける武蔵に「助けてくれ」と懇願。
今まで武蔵にとって「助けてくれ」とは、相手の軍門に下るということ。
簡単に負けを認めるのか・・・そんな驚きが武蔵を覆います。

が、伊織が飢餓で死にそうになった時、武蔵は35巻で仕官の誘いのあった小倉藩の重臣たちを訪れ、驚くべき言葉を発します。

助けてくれ

[ 助けてくれ=軍門に下ること ] と考えていた武蔵が発した言葉ですよ。
「生きる」ことがその「プライド」に勝ったわけですね。
というか、開墾を通して武蔵の「強さ」の概念に変化が生じた結果、その言葉を発することが負け、つまり軍門に下ることではないと思えるようになったと言うべきでしょうか。
こうやって武蔵は真の天下無双に近づいて行ったのか・・・


37巻からは小倉編!?

小倉藩に助けを求めた武蔵は、集落への食料と引き替えに小倉藩に仕官するんでしょうね。
こういう経緯で小倉に向かい、後の小次郎との対決に繋がるのか。
ということは37巻で小次郎と・・・

なんてことはまだなさそうです(笑)
巻末にあった予告からすると、まだ集落でのエピローグ的な話が続くようです。

バカボンド36巻  

ちょっともどかしい気もしないではないですが、僕的にはこういう心理描写が丁寧に描かれている作品ってのは大好きです。
こういう丁寧さがあって、小次郎との決戦に重みが増しますもんね。

ということでバガボンド36巻の感想でした。今回は特に深かった。なんか頭の中で色んな考えが渦巻いてる感じです。
37巻は来春発売予定。半年待ちきれないな。

オマケ

ネタバレ感想を読んでいただいて何ですが、実際に読んでない方はぜひ手にとって下さい。
僕の力量不足な文章より、圧倒的な画力、考えさせられるセリフがそこにあります。
ぜひ!


バガボンド(36) (モーニングKC)
バガボンド(36) (モーニングKC)

スポンサードリンク

-エンタメ, バガボンド

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。