【ネタバレ】甲子園予選の開始と天才打者登場!あだち充の「MIX 6巻」を読んでみた

  • 2014.12.12
  • MIX
【ネタバレ】甲子園予選の開始と天才打者登場!あだち充の「MIX 6巻」を読んでみた

最近やたらとH2を読み返したい気分のnovです。こんばんは。

MIXの最新巻である6巻が発売されましたね。
早速買って来たので感想など。

あ、完全にネタバレなのでご注意下さい。


MIX 6巻ネタバレ感想

天才打者・赤井(兄)登場

MIX 6巻
6巻の注目は当面のライバルとなりそうな天才打者の登場です。
その名は元須見工の健丈高校の1年生4番の赤井
音美の同級生に赤井君がいましたが、その兄ですね。

元須見工、1年生で4番という設定。
もちろん天才打者の設定ですよ。
しかも元須見工の健丈は監督が代わり、本格的に野球部の立て直しを図っていて有望な1年生を揃えている中でも飛び抜けた存在として描かれています。
かつての新田のポジションかな。

いつものあだちワールドでは赤井(兄)がライバルとなるんでしょうが、MIXの場合は投と走が真のライバルになると思ってるのでどうでしょ?
初期のライバルって感じになるのではないかと予想してます。


明青学園野球部の背番号1

MIX 6巻
タッチの上杉達也も背負っていた背番号1。
立花家にもそのユニフォームがあるのは以前にも描かれてましたが、それにまつわる話が徐々に明かされてきました。

走と音美の死んだ父親は、その昔、明青でかなり優秀なピッチャーだったんだとか。
もちろん1年生から背番号1を背負ってたほどだったけど予選中にケガをしてしまい、その後は野球部マネージャーとして支えていたらしい。
投の父は控えだったけど、そのケガのせいで背番号1がまわって来たという訳です。

このエピソードが明かされて、走のピッチャーへのフラグがビンビン立ちましたね。
今の所は変わらず投の実力を認め、ピッチャーをする気はないというスタンスですが、物語が進むとピッチャーになるんだろうなあ。
亡くなった父のエピソードも、これで全部なわけないし、その辺りが絡んで投と走はピッチャーとしてライバルになるのかな。
そうなると兄弟での背番号1をかけた部内での対決か・・・ 
ひょっとするとタッチで実現しなかった達也と和也の背番号1をかけた戦いを、投と走で描きたいのかな??
期待ですね。


甲子園予選開始

そしてついに甲子園の予選がスタート。
なんと相手はいきなり健丈ですよ。

それなりに注目を浴びている健丈と赤井に対し、まだ無名の投と走。
この設定もあだちワールドっぽいですね。

試合はまだ序盤でこれからといった所ですが、どちらを勝たせるのかな?
王道でいけばまだ1年だし予選突破はないってところですかね。
でもH2とかは甲子園にバンバン出てたもんな。
どうなるか次巻が楽しみです。


今日のまとめ

ということでMIX6巻のネタバレ感想でした。
相変わらずあだちマンガは単巻ではストーリーに大きな動きがないように感じますが、徐々に色んな伏線が張られて来てるので、そろそろ大きな動きが出てきそうですね。
赤井が出てきたことによって野球マンガとしても熱くなりそうだし。

7巻はずっと健丈戦になるのかな?
ともかく楽しみですね。
それでは7巻のネタバレ感想でお会いしましょう!


MIX 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

SHORT GAME ~あだち充が短編で紡ぐ高校野球~ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

MIXカテゴリの最新記事