エンタメ 映画

マーティとドクがやって来た日なのでバック・トゥ・ザ・フューチャー&マイケル・J・フォックスについて思い出を語ってみる

バック・トゥ・ザ・フューチャー大好きなnovです。こんばんは。

2015年10月21日
そう、それはバック・トゥ・ザ・フューチャー2でマーティとドクが未来へとやってきた日。
この日が本当に訪れたんですねえ。
リアルタイムでこの映画を観てた世代としては、かなり感慨深いものがあります。
あの頃は遠い未来だと思ってたなあ。

ということで今回はバック・トゥ・ザ・フューチャーや主演のマイケル・J・フォックスについて思い出を語らせて下さい。


バック・トゥ・ザ・フューチャーは最高のエンターテイメント

はじめて観た時の衝撃

バック・トゥ・ザ・フューチャーの公開は1985年。


バック・トゥ・ザ・フューチャー (字幕版)

もちろんまだ子供だった僕はこの大作よりも同じ年に公開されたグーニーズという映画を観に行ったのを覚えてます。


グーニーズ 特別版 [DVD]

少年たちが海賊の秘宝を探しに行くという子供にはたまらないストーリーに心ときめかせて観に行ったのでした。
もちろんグーニーズも良作で、めちゃめちゃ楽しんだのを覚えています。
確かファミコン用ソフトも発売されて、それで遊んだ記憶もあります。


グーニーズ

懐かしいっしょ??(笑)

でも、この後、バック・トゥ・ザ・フューチャーを観ることになり大きな衝撃を受けることになるんですよ。
僕には3つ年上の姉がいるんですが、僕がグーニーズで騒いでいる時にバック・トゥ・ザ・フューチャーの方が面白い!と騒いで軽いケンカみたいなのになったの覚えてます。

で、しばらくして観たバック・トゥ・ザ・フューチャーは実際にスゴい映画でした!
タイムマシンがスポーツカー、そして複雑でありながらも楽しめるタイムパラドックスなストーリー、恋愛要素あり、いじめっ子に一泡吹かせる要素で前編ハラハラドキドキで笑いあり、涙あり。
子供ながらに、これはスゴい映画だなというのは分かりました。
今でも色あせない名作ですよね!

ちなみに僕はこの映画でカルバンクラインを知り、ジョニー・B・グッドの曲を覚え、デロリアンの存在を知ることになりました。
まさかタイムマシンのデロリアンがホントに売ってるクルマだとはこの時に知らなかったんですが(笑)

デロリアン
ちなみにこの画像は2年ほど前に行ったお台場のトヨタMEGA WEBでの一枚。
まだあるのかな??


現実は映画の未来に追いついた?

もうこれも色んなメディアで語られてますが、バック・トゥ・ザ・フューチャーでマーティがやって来た2015年とホントの2015年では少し違いますよね。
映画ではクルマが空飛んでましたが、残念ながら現在もクルマは空を飛びそうにありません(笑)

が、映画の中で出てきたペプシコーラやナイキの靴紐を自動で締めてくれる装置、ホバーボートなどなど実現したものもありますね。
まあ、映画の30周年記念に乗ったって感じですけど(笑)

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場の2015年10月21日がきた!--映画と現実の違いを見る


そして面白いことにジョーズ19の予告編なるものまでありますよ!



いやあ、笑える!
こういうのって良いですよね!

そして極めつけはアメリカトヨタのCMであのドクとマーティが再開してるんですよ!!



こりゃたまらん。
肝心の内容は英語なのでよく分かりませんが(笑)、2015年になって映画のような世界になった?みたいな会話をしてるようです。

ドク、クリストファー・ロイドもすっかりおじいちゃんですね。
そしてマーティことマイケル・J・フォックス。
いやあ、若いなあ。
マイケル・J・フォックスは若くしてパーキンソン病を患ったのですが、ここ数年はテレビ出演もしているようですね。
頑張って欲しい。


マイケル・J・フォックス大好き!

マイケル・J・フォックスのことはこの作品で大ファンになったのですが、それ以上に印象に残ったのが、アメリカのテレビドラマ「ファミリータイズ」。


ファミリー・タイズ 赤ちゃんにジェラシー編<トク選BOX> [DVD]

時系列はバック・トゥ・ザ・フューチャーの公開とどっちが先だったか分かりませんが、このドラマがテレビ大阪系で放送されてたんですよ。
それを姉が観てて、その影響で僕も観てたのを覚えてます。
もうね、マイケル・J・フォックスが面白いのなんのって
摩天楼はバラ色にとかも含めてコメディ俳優としてホントに優秀だったよなあ。

あと印象的だったのは「かっこインテグラ!」のCM。
僕が未だにホンダ派なのはアイルトン・セナと、このかっこインテグラのCMの影響なのかも知れません(笑)

大ヒットしたバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズの後は、日本では摩天楼はバラ色に以外そんなに映画が大ヒットした記憶はあんまりないのですが、ホントに良い俳優さんだったと思います。
上でも書いたようにパーキンソン病を患って第一線から退いたニュースはかなりショックだったのを覚えてます。
今ではこうやってメディアにも出て元気な姿を見れるのは嬉しい限りですよね。
今後も応援したい俳優さんです。


今日のまとめ

ということでバック・トゥ・ザ・フューチャーとマイケル・J・フォックスの思い出でした。
もっと語ろうと思えばいっぱいあるんですが、キリがないのでこの辺りで終わります(笑)

しかしバック・トゥ・ザ・フューチャーみたいなワクワクする極上のエンターテイメント作品って最近ないような気がしますね。
単純に僕が映画を観なくなったからなのかも知れませんが、ともかくバック・トゥ・ザ・フューチャーは今でもトップクラスのエンターテイメント作品であることは変わりないと思います。
もう少し大きくなったなら、我が子たちにも見せてあげた作品です!

スポンサードリンク

-エンタメ, 映画

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。