MIX エンタメ

【ネタバレ】達也の影がチラホラと・・・ あだち充「MIX8巻」を読んでみた

2017/06/13

久しぶりにH2を一気読みしたいなと思ってるnovです。こんばんは。

タッチの続編かも知れないMIXの最新巻である8巻が発売されました。
半年に一回ペースでの発売なので発売日自体を忘れてしまいそうですよ(笑)

さて、今回も8巻の感想などを書いてみます。
ネタバレ含みますのでご注意下さいね。

最新11巻の感想はこちらからどうぞ。

MIX11巻
今回もMIXの発売日をあやうく忘れるところだったnovです。こんばんは。 コンビニで見つけて良かったです(笑) さて、そんなMIXも今回で11巻。いつも通りの感想をお届けし

MIX8巻 ネタバレ感想

甲子園予選進行中

MIX8巻
7巻で元須見工である健丈との1回戦を勝ち抜いた明青。
8巻の大筋でも甲子園予選が続いて行きます。

健丈戦のような試合内容を追いかけるような展開はありませんが、懐かしい対戦相手の名前が出てきます。
それは三光
これで何のことか分かった人は明らかに僕と同世代のタッチファン(笑)

三光戦で「今日は調子良い」と良いながらフォアボールを連発する投馬。
三光の監督はタッチの時の監督がまだ続けているようで、この展開に昔の明青との試合を思い出します。
そう、達也にノーヒットノーランをされた時のことを。

結果は見事な投馬のノーヒットノーラン
この試合で一気に明青は注目を浴びることに。
達也のいたあの時以来の快挙としてOBたちも騒ぎはじめて・・・

次の試合は調子を崩しながらも勝利し、ついに甲子園予選ベスト8
さて、このままいきなり1年生で甲子園に行くんでしょうか。東秀、勢南とライバル校も残ってるしどうでしょ。
普通ならないと思うけど、H2の時は何回も甲子園行ってるしなあ。

全体的にゆるい展開

MIX8巻
あとはあだちマンガの醍醐味の一つである恋愛模様について。

走一郎と春夏は予選の偵察で一緒に行動しますが、お互いの意見が噛み合わないことにモヤモヤ。
春夏に好意を持ってる走一郎は、これまた意見が違う投馬と上手く行ってることで何とか希望を繋ぎます(笑)

一方の音美は赤井(弟)に誘われてボウリングデートへ。
本人はデートだと思ってなかったようですが、投馬は気になって仕方ない様子。
今のところ兄としての心配のようですが、これがこの先どうなることやら。

ちなみに赤井兄弟が実の兄弟でないことが分かります。
野球の才能がある兄と違う道を選んでいた弟ですが、音美、そして立花兄弟を見て野球に惹かれていってる模様。
才能の片鱗を見せてるし、来年度以降に野球部に入るのかも。こっちの兄弟対決も注目ですね。

という感じですが、甲子園予選も含め、全体的にはゆるい展開な8巻です。
まあ、あだちマンガは全体的にこんな感じですけどね(笑)

達也の影

僕的に8巻で印象に残ってるのが、所々に出てくる達也の影
上で書いた三光戦もそうですよね。
そしてこんなシーンも出てきます。

MIX8巻
甲子園出場のサイン入り記念ボール。
見事に上杉達也の名前が。
これだけでタッチを読んでた世代としてはグッときますね。
甲子園出場記念ってことはタッチの最終回近くにこのボールにサインしたんだろうかとか想像しちゃいますよ。

他にも明青の構内にかつて甲子園を制した時の新聞記事が飾ってあるコマが出てきたりと、チラホラと達也の影が見えます。
これは、もうすぐ達也の現在とかが描かれるんじゃないだろうか・・・
なんて思いますが、きっとまだだろうな(笑)

今日のまとめ

ということでこの巻も達也、南は出てきませんでした。
まあ、正直なところずっと出てこないんじゃないかと思います(笑)
出てきちゃうと主役が取って代わっちゃいそうですしね。

8巻は全体的にゆるめの展開。
甲子園予選の今後と少しずつ動き出しそうな恋愛模様。
甲子園予選の方はそろそろ東秀と当たる展開になりそうかな。
恋愛の方はまだまだ進展はなさそう(笑)

ということで8巻の感想でした。
次もきっと半年後。
9巻のネタバレ感想でお会いしましょう!



MIX 8 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

スポンサードリンク

-MIX, エンタメ

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。