エンタメ 宇宙戦艦ヤマト

まさかの続編決定!「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」への大いなる期待とほんの少しの不安

ヤマトの続編決定に興奮さめやらぬnovです。こんばんは。

いやあ、驚きましたね。宇宙戦艦ヤマト、まさかの続編決定ですよ。
2199のストーリーの流れからして続編は難しいと思ってたので、ホントに驚きました。
名称も2202ということで続編であることを示唆してますが、果たしてどうなるんでしょ。


宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち制作決定

2202はどんなストーリーになるのか

いやあ、突然の制作発表に驚きましたね。
まだ、公式ページが公開されただけで、ほぼ情報はないので想像するしかないのですが・・・

ヤマト2202
※画像は公式ページより

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち
その名称からして2014年まで劇場、テレビ放映されていた宇宙戦艦ヤマト2199の3年後であることは明らかですね。

そして副題の「愛の戦士たち」。
これは、あの名作「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」から来てるのも明らか。
まあ、2199にも、さらば〜で敵となるガトランティスが出てましたし、星巡る方舟でもガッツリ出てきたので、続編となれば順番的にこうなるでしょう。

ちなみに「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」は個人的にかなり好きな作品です。
完結編とかよりよっぽど好きですね。
強大過ぎる敵、次々に死んでいく仲間達。
絶望を繰り返すストーリーに、子供ながらにめっちゃ驚き興奮したのを覚えています。


そんな愛の戦士たちのリメイクを予感させる2202。
タイトルロゴも「2」が強調されているし、ヤマト2をも彷彿させますね。
そういえば、テレビ版のヤマト2と劇場版の愛の戦士たちは同じ話なのに結果が違う作品ですよね。
2202はどっちをベースにするんでしょ?
その辺りも楽しみですね。


2202はパラレルワールド!?

公開された公式ページの画像を見る限り、2199でヤマトファンを大いに驚かせてくれた波動砲の封印が見えません
2199で波動砲が封印されたとき、続編は作る気ないんだなと思ってました。
でも、この発表でしょ!?

ヤマト2202
※画像はヤマト2199公式ページより引用

一体、波動砲の封印はどうする気だろう。
なんか、スターシャが納得するような理由が出来てヤマトに波動砲の使用を許可させるんでしょうか・・・
そんなご都合主義は嫌だなあ・・・
なんて思ってましたが、よく考えてみればヤマトって何回も復活してるし、死んだキャラは生きてることになってるしで、ヤマトと言えばご都合主義でもあったので、まあその可能性もなくはないですね(笑)

でも、僕が思うに2202は2199とは別次元のパラレルワールドみたいな世界になってるんじゃないですかね。
さらば〜以降のヤマトのように(笑)
さてさて、どうなるんでしょう。


スタッフ一新による期待と不安

2202は制作スタッフが一新されるようですね。
制作、総指揮は西﨑彰司氏、監督はヤマト復活編、2199でも参加された羽原信義氏、脚本は亡国のイージス、ガンダムUCの福井敏治氏が担当されるんだとか。

個人的には2199がかなりツボにはまったので、2199スタッフで2202を見てみたい気もしますが・・・
でも、ガンダムUCもかなり好きな作品だったので、福井敏治氏の脚本も見てみたいですね。

それとキャラデザインがどうなるか気になります。
これまた2199のむらかわみちお氏のキャラがかなり好きだったので変えないで欲しいなと。
個人的には復活編のようなキャラデザインはイマイチだったので・・・

あと、音楽担当が発表されてないのも気になります。
ヤマトの音楽といえば宮川氏のイメージが強いので・・・

とまあ、好きな作品なだけに期待と不安が入り交じる訳ですが、どうなることでしょう。
どうしても前作が好評だった続編を作る時はハードルが高いので2202のスタッフの皆さんは大変だと思うんですが、ぜひとも頑張って欲しいですね。


今日のまとめ

いやあ、まさかの2202の制作発表で驚きました。
劇場版なのかテレビ放送なのかも発表されてませんが、これでまた楽しみが増えましたね。
出来れば今年中くらいには見たいものですが・・・ちょっと無理かな。
ともかくヤマトファンとしては楽しみな作品になりそうです!

とりあえず、2199を久しぶりに観るかな。

スポンサードリンク

-エンタメ, 宇宙戦艦ヤマト

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。