その他ドラクエ ドラクエ

ドラクエ30周年おめでとう!せっかくなので歴代ナンバリングタイトルの思い出を語ってみます!

ドラクエ30周年
趣味は聞かれたらドラクエと答えるnovです。こんばんは。

2016年5月27日はドラゴンクエストが発売されてからちょうど30年の記念すべき日
昨日の夜にはニコ生の30周年記念特番を視聴し、日が変わる前にはドラクエ10にログインして花火の打ち上げに参加、その後はどこパレと星ドラの30周年イベントを少しやりました。
そんでもって勢いで鳥山明ドラゴンクエストイラストレーションズもポチってしまいました。
嫁や子供たちが寝静まった夜中におっさんが一人でお酒を飲みながらドラクエをやってしみじみしてるという状況なのでした(笑)

このブログも自分の好きなことを気ままに書こうと思って始めたのですが、好きなこと = ドラクエ みたいなところがあるので、ドラクエブログみたいになってますが、30周年の記念ということで今回もドラクエについて語ってみます。
27周年という中途半端な時に好きなドラクエ ベスト5みたいなこと書いたけど、今回はせっかくなので歴代ナンバリングタイトルの思い出を書いてみましょうかね。

かなり長文になりそうなのでご注意下さいませ。


ドラクエ30年と各ナンバリングタイトル

ドラゴンクエスト





1986年5月27日発売。

まずは記念すべき第一作であるドラクエ1のことから。
30年前のタイトルだし懐かしいなあと思いますが、ここ最近のスマホ版や25周年に発売されたWii用のドラクエI・II・III で遊んだので、個人的にはそれほど懐かしさはないかな。まあ、それはどのタイトルにも言えることですが。

当時、中1だった僕はその当時の男の子たちがそうであったように少年ジャンプを愛読してました。
そこに載ってたのがファミコン神拳、そしてドラクエの情報。
確か小6の時にお年玉をかき集めてファミコンとドンキーコング3を買った僕は、見たこともない斬新な世界感のドラクエの情報に驚きました。
これ、欲しい!
そう思って発売日を楽しみにしてドラクエ1を買ったんです。
当時、まだ同じようにドラクエ面白そう!って言ってる同級生は少なかったような気がします。

遊んでみた感想は、なんてドキドキするゲームなんだ!って感じ(笑)
お姫様を救って魔王を倒すという男の子が好きそうな設定、橋を渡るごとに強くなる敵、光の届かない洞窟、様々な試練、そしてりゅうおうの甘いささやき。
どれもこれもドキドキしたし、今と違ってグラフィックがしょぼいので頭の中で情景を思い浮かべて補完してました。
そういう想像力も養ってくれたのはドラクエかも知れません。

このドラクエ以降、僕はファンタジーやRPGにはまることになり、懐かしのゲームブックやロードス島戦記などの小説、そしてゲームはRPGが一番と思えるような影響を受けたのがドラクエ1でした。今でもファンタジー作品大好きですしね。
まさに僕の人生に影響を与えた作品ですね。

ちなみにレベル30からはじまる、最強のふっかつのじゅもんは今でも覚えてますよ(笑)


ドラゴンクエスト II 悪霊の神々




1987年1月26日発売。

ドラクエ1で長々と書いてしまったので、これ以降は出来るだけコンパクトにします(笑)
ドラクエ2って1の半年後の発売なんですよね。今思えば飛んでもない開発期間だな(笑)

歴代ナンバリングの中でも最高難易度と言われたドラクエ2。
この頃からまわりの友達もドラクエの評判を受けて遊ぶ人が増えたのを覚えています。
ドラクエ2の情報交換のために、それまであまり喋ったことなかったクラスメイトとも仲良くなったのは良い思い出。

ドラクエ2はラゴスの居場所や水門の開け方、鬼畜のロンダルキア、ベホマを使うシドーなど語りたいことはいっぱいありますが、一番はいなずまの剣の存在。
ファミコン神拳などで書いてあったと思うんですが、一体どこにあるのかさっぱり分からなくて。
もう探しまくりましたね。床を全部調べるとかやったり(笑)
この辺りも友達と情報交換したりしてたので、ドラクエ2は一人用なのにみんなで遊ぶゲームだったなあなんて思います。


ドラゴンクエストIII そして伝説へ




1988年2月10日発売。

言わずと知れた社会現象になったタイトルですよ。
僕も中学生ながら友達と徹夜で並びに行きました
夜11時くらいから並んだんですが、地方の田舎だったからなのか最初、並んでたのは僕たちだけ。なんだ並ばなくても買えたなあと思ってたんですが、午前5時くらいから一気に人が増えて驚くような行列になったのを覚えてます。
その後、無事に買えたのですが、手に入れた時はもう眠くて遊ぶのをそこそこに寝ちゃったのも良い思い出(笑)

ゲーム内容は言うまでもなく大感動。
ちょっとネタバレになっちゃいますが、ドラクエ2まではキャラネームをロトって入れてたりしたんですよね。
で、3でもロトで始めようとしたら入らない。あれ、なんでかな?と思ってたらあのストーリー。
いやあ感動しました。

自由度の高いワールドマップ、仲間システム、そしてストーリー、未だに僕の中では3が一番ですね。


ドラゴンクエストIV 導かれし者たち




1990年2月11日発売。

4が始まるころだったかなあ。ジャンプでダイの大冒険の連載が始まって漫画内にドラクエ4のモンスターとかが出てきてワクワクしたのを覚えてますね。
この辺りくらいから自分の時代背景のことはあんまり覚えてないんですよね。
高校生になって部活もかなり忙しい時期でドラクエばっかり言ってられないっと感じだったのかも。
でも、ちゃんと発売日には手に入れて遊びましたよ。

4に関してはオムニバス方式のストーリーがやっぱり印象的ですよね。
あと5章の勇者が不憫で仕方がない(笑)
あと、AI戦闘が始まったのが4からで、なんかゲームの中なのに未来やなあと思ってました(笑)

ドラゴンクエストV 天空の花嫁




1992年9月27日発売。

5ははじめてスーパーファミコンとして出されたドラクエ。
もちろんスーファミも手に入れていた僕は、この頃からなかなか発売されないドラクエを尻目にファイナルファンタジーシリーズも遊ぶようになってたのを覚えてます。
ドラクエ派だった僕は何となくFFは手を付けないという意地みたいなもんがあったんですが、FF4あたりから遊んでみたら面白かったなあ(笑)

そんな中、待望のドラクエ5が発売されたんですが、まあ面白いの一言!やっぱりドラクエでしょって思いました(笑)
誰もが悩んだ結婚相手の選択、重厚なストーリー、そして後のモンスターズへと繋がるモンスター仲間システム。
どれも最高でしたね。
ちなみに僕はビアンカ派です。

ドラゴンクエストVI 幻の大地




1995年12月9日発売。

6が発売された頃、僕はもう社会人になってました。
慣れない仕事などに追われ、あんまりゲームしてなかった頃だったかなあ。
それでももちろん6は発売日に購入。確かソフトだけで1万円オーバーしてたんじゃないかな。

内容に関しては、実は一番印象に残ってないかも知れません。
中盤くらいから二つのマップがややこしくなってしまい、全体的に難易度が高かったように思います。
それでもバーバラやテリーなど魅力的なキャラ、魔王戦から始まるオープニングなどには驚かされましたね。
でも、今思えば奥深い世界感なので、もう一度じっくりとやり込みたいドラクエかも知れません。


ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち




2000年8月26日発売。

記念すべきプレステでの初めてのドラクエですね。
ドラクエ7に関してはもう前作から5年近くも経ってたのと、先に出てたFF7の当時としては超美麗なグラフィックやストーリーなどもあって、期待度はかなり高かったように思います。
僕はドラクエにFFのようなグラフィックやムービーを求めてなかったんですが、どうもその影響を随所に感じられたのがドラクエ7ってのが印象ですね。
しかも言うまでもなくムービーに関しては・・・(笑)

というマイナス面の評価でネタにされることもある7ですが、内容とストーリーに関してはかなり好きです。
100時間を超えるというプレイ時間は、ドラクエ大好きな僕にとって苦ではなかったし、毎回このくらいのボリュームであったら良いのになと今でも思います。
あと、小さなメダルを過去で取り忘れると再入手出来ないのが非常に困ったのも良い思い出です(笑)


ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君




2004年11月27日発売。

フル3Dになった初めてのドラクエ。この世界が今のドラクエ10や11に繋がってますよね。
この頃は仕事も落ち着いてたこともあって8はかなりやり込んだのを覚えてます。ま、要するにプライベートが暇だっただけですけどね(笑)

どこまでも広がる広大なドラクエワールド。もう無駄にいろんな場所に宝箱ないか探しに行きましたよ。まさに冒険。
ストーリーに関しては比較的一本道感があったけど、ゼシカにククール、ヤンガスなど魅力的なキャラも満載でしたね。
あと、印象に残ってるのはレティス。当時、なんど戦ってもなかなか勝てなかったんだよなあ。

思えばフル3Dになって驚いたドラクエ8が10年の時を経てスマホ版になって登場した時は、本当に未来がやって来たんだなあと感じました。
声が入ってる3DS版もいつかはやってみたいな。


ドラゴンクエストIX 星空の守り人




2009年7月19日発売。

この頃は結婚もしてたし息子も生まれた後という僕の中で大きく環境が変わった中で発売されたドラクエ9。
世間的にはDSでナンバリングかよ!と言われておりましたが、僕的には環境が環境だったので手軽にできるDSってのは有り難かったなあ。
だってまだ1歳くらいだった息子の相手をよそに据え置き機でドラクエばっかやってたら嫁にどう思われたことか(笑)
まあ、DSといえどもドラクエに夢中だったのは否定出来ませんが(笑)

9はやっぱりすれ違い通信ですよね。
僕も出かける時は必ずDS持って行ってたし、すれ違いで手に入れた地図を楽しみにしていました。
でも、やり込み要素は多かったものの育児などのこともあって、そこまでやり込んでないんですよね。
これもリメイクされたらじっくり遊んでみたいドラクエですね。

あとメインストーリーは結構好きでした。
もう少しボリューム持たせてくれたら良かったのになあ。


ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族オンライン




2012年8月2日発売。

今、まさに継続して遊べる最新のドラクエ。
オンラインになって賛否両論、というか僕みたいな古参プレイヤーには否ばっかりの評価がついてたドラクエですよね。
実際に僕の友人も10はオンラインだしなあとやらなかった人も多いです。
でもね、ドラクエ10はオンラインだけど変わらずソロでも遊べるんですよ!

実際に僕は2人目の子も生まれて、さすがにゲームばっかりしてる状況じゃないこともあって一緒に遊ぶフレやチームというオンライン独特のシステムはあまり活用してません。だって旧にログアウトすることもあるし一緒に遊んでると迷惑かかりそうで。
まあ、それはそれで残念なことだとは思いますが、そんな状況でも今までのナンバリング同様に一人でも十分に楽しめるようにしてあるのがドラクエ10なんですよね。

特にメインストーリーは秀逸で僕の中では歴代1、2を争う出来だと思います。
オンラインだからってこのストーリーを遊ばないのはドラクエ好きとしては勿体ないと思うんだよなあ。
今からでも十分に遊べるので、11を待つ間にぜひやってみて欲しいドラクエですし、オンラインの特徴を活かしていつまでも終わらないドラクエワールドを維持して欲しいソフトですね。

まあ、そんなこと言ってる僕もここ半年くらいはあまりログインしておらず(笑)、これを機にまた頑張りたいと思います。はい。


今日のまとめ

いやあ、長文駄文すいません。
最後までお読みいただいた方、ありがとうございます。

初めて中学生でドラクエをした僕も、今では結婚もして子供にも恵まれました。
さらにその子供がここ数年はドラクエを一緒に遊ぶようになり、お絵かきでもスライムを描くようなドラクエライフを送っております。
まさか中学生の時に自分の子供と一緒にドラクエするとは思ってなかったな。
それだけ長く愛されるドラクエは素直に偉大だと思いますし、それを世の中に提供されてきた開発スタッフの方は素晴らしい仕事をされたと思います。

僕の人生に大きくかかわってきたドラクエですが、これから先もそうであるといいなあと思います。
出来れば僕が死ぬまでドラクエが続いてくれてると嬉しいな(笑)
それはとにもかく今はドラクエ11の発売が楽しみですね。
この先もドラクエに栄光あれ!!

スポンサードリンク

-その他ドラクエ, ドラクエ

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。