ポケモンGOにハマれない

ポケモンGOにハマれない

既にちょっと夏バテ気味のnovです。こんばんは。

いやあ、ポケモンGO流行ってますねえ。
ニュースでもバンバンやってますが、本当に街中でポケモンGOをやってる人もたくさん見ますし、スゴいアプリが出たもんだと思います。
もちろん僕もリリース日にダウンロードしましたよ。
でもね、あんまりハマれないんですよね・・・

最初に断っておきますが、今回の記事はポケモンGOや楽しんでる人をどうこう言う内容ではありません
ガチャばっかりのスマホゲームの流れを変えたポケモンGOは素晴らしいと思うし、これからもこういうアプリが出ればいいなあと思ってます。
あくまで個人的にハマれないよと言うだけのお話です。まあ、オッサンの戯言と思って読んで下さい(笑)


ポケモンGOについて思うこと

ポケモンGOは面白い

ポケモンGO
※画像は公式サイトより引用

とにかくポケモンGOってスゴい人気だなあと改めて実感しました。
先日、子供の小学校で夏祭りがあって一緒に行ってきたんですが、そこでスマホを起動させたら周囲の子供たちに「あ!ポケモンGOやってるの?」なんて聞かれました。
小学生たちにまで浸透してるこの人気、ほんとスゴいですよね。

実際に僕もダウンロードして遊んでみたんですが、人気の理由はよく分かります。
現実世界に現れるポケモンを探しに行くという冒険心をくすぐるシステム、捕まえる時のゲーム性、そして育成やバトルなどなど
歩きスマホが危険だとか、入ってはいけない場所に入る人が続出するだとか、色々と問題は言われていますが、それはあくまでマナーの問題ですしね。

さらに素晴らしいと思うのは、課金するシステムがユーザーだけでなく企業やショップ側にも向いていること。
今ならマクドナルドとかがやってますよね。
これ、企業側がお金を払ってると思うんですが、メーカー側はもちろん儲かる、企業側は集客が上がるということで、いわゆるWin-Winの関係になるし、何より任天堂は子供からガチャで課金させるということをしなくても収益が上がるので、企業イメージも保たれます
ホントにスゴいアプリが出たもんだと思ってます。

でも、なんでハマらないのか。それは・・・


ポケモン世代でない

何点かハマらない理由はありますが、一番はこれ、ポケモン世代でないこと。
ポケモンの登場は1996年でゲームボーイ用ソフトとしての発売されました。
その後の人気は説明不要ですよね。まさに全世界で愛されているゲームです。

1996年に登場ということは今から20年前です。
今40代の僕はポケモン登場時、社会人として働き始めた頃。
さすがにゲームボーイで明らかに子供向けのソフトに興味が出るわけもなく、今まで一度もポケモンというゲームをすることなく現在に至ります。

なので冗談抜きでポケモンの種類はピカチュウくらいしか知りません(笑)
先日、京都高島屋にポケモンセンターが出来た時も子供連れて行って来たんですが、まあポケモンの名前が分かりませんでした。

pokemon_1-1-150x150 あまりポケモンを知らない子供たちをオープンした「ポケモンセンターキョウト」に連れて行った結果

僕のような40代でも20代の早い時期に子育てされていらっしゃったらポケモンの事を知ってる人もいると思うし、逆に今50前後の方なんかはガッツリ子供と一緒にポケモンやったという人もいると思うんですが、比較的、今の40前後ってポケモン世代じゃないんじゃないでしょうか。

何が言いたいかといいますと、ポケモン世代じゃないのでポケモンをゲットしてもあんまり感動しないんですよ(笑)
どのポケモンがレアなのかも知らないし、それがレアだったとしても有り難みが湧かない(笑)

そんな世代でないからか、一から頑張ってみようと思っても、どうもキャラが子供向けで可愛い過ぎるからオッサンの僕には子供っぽく感じ過ぎると言いますか。

きっとこのゲームの根本は自分が好きな、もしくはレアなポケモンをゲットしたいと思う気持ちが遊ぶモチベーションに直結してると思うんですが、世代でない僕はそこがスッポリ抜けてるんですよね。
他にも理由はあって、スマホのバッテリー消費が半端ないからモバイルバッテリーを買わなきゃいけないんじゃないかとか、子供にハマられると何かと面倒だとか、いい歳したオッサンが一人でポケモン探ししてるのを近所の人に見られたらちょっぴり恥ずかしいとか(笑)
でも、一番の理由は世代じゃないからコレクションしたいという強い気持ちが湧かないということに尽きるんだと思います。はい。


子供の頃に好きだったものの影響は計り知れない

今回のことで思ったのは、子供の頃に遊んだものってのは大人になっても大きな影響を与えるんだなってこと。
僕の場合はそれこそ子供の頃に遊んだドラクエを今でもやってるし、もっと小さい頃に観てた宇宙戦艦ヤマトなんて復活する度に楽しんでますし(笑)

今、ポケモンGOにハマってる人の多くもそうなんでしょうね。
20代後半から30代くらいが世代だと思いますが、きっと小学生の頃にゲームボーイで遊んだ記憶が今に至ってるはず。
そう思うと子供の頃の好きなものってのは大人になってもずっと好きになるので、我が子(8歳男子と6歳女子)たちはどうなるんだろうと思いを馳せてしまいますね。

今の子の世代でいうとポケモンみたいに影響力出そうなのは、やっぱり妖怪ウオッチかなあ。
一時期のブームは収まりましたが、それでも幼稚園から小学校低学年には根強い人気ですし。



もし妖怪ウオッチがポケモンのように20年も続くようなコンテンツになっていれば、今のポケモンGOブームのようなものを再現出来るかも知れませんね。
そうなった時、きっと今のポケモン世代の人は僕と同じようにハマれない人も多いはず(笑)
だって今20代の人とかジバニャン以外あんまり知らないでしょ?(笑)

そう思うと、子供の頃に遊ばせるものってのは影響力があるので、親としても色々と考えなければ・・・
なんて話しが子育ての方向に行っちゃいましたね(笑)


今日のまとめ

ということでポケモンGOにハマらないというお話でした。
なんのオチもなくてスイマセン(笑)
でも、少しこのお祭り騒ぎに参加出来ないのは寂しいなあと思ったりもします。みんな楽しそうですもんね、いいな、ポケモン世代の人たち。
いや、ポケモン世代でなくても楽しんでる人もいっぱいいると思いますが(笑)

ポケモンGO、僕はそうでもないけど子供たちは遊びたそうにしてるので、適度に続けてみようかな。
しばらくしたら僕がハマってたりして(笑)


エンタメカテゴリの最新記事