たった1時間のプレイでも特別なゲームだと分かる!ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド はじめました!

たった1時間のプレイでも特別なゲームだと分かる!ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド はじめました!

ゼルダは初期の頃しかプレイしてないnovです。こんばんは。

そう、僕はゼルダといえばファミコンディスクシステム。初期のゼルダ以降はあまりプレイしてないんですよ。
神々のトライフォースの時点であんまりやらなくなったかなあ。その後はDS版のどれかを少しやったくらい。
基本的にアクションRPG苦手なんですよね。だからドラクエ派になった訳でして(笑)
なので、ゼルダの多くを語ることなんて出来ないのですが、先日ニンテンドースイッチを衝動買いした際に最新作であるブレス オブ ザ ワイルドを一緒に購入
噂ではとんでもない傑作との評判なので、ゼルダ素人の僕でも十分楽しめるだろうと思い、本格的に遊び始めた次第です。
まだ1時間ちょっとくらいしかプレイしてませんが、とりあえずファーストインプレッションということで感想を書いてみますね。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド ファーストインプレッション

子供たちが見とれる世界

スイッチにゼルダをセットしてとりあえず起動。
最初のシーンを終えてフィールドに出たときの感想がこちら。

めっちゃキレイやん・・・

ゲーム機の性能のことはよく分かりませんが、きっとスイッチよりはPS4の方が美麗なグラフィックを再現出来るんでしょう。
FF15をはじめた時もそのグラフィックに驚かされました。
が、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(BotW)は、今までのゼルダのイメージを踏襲するようなアニメチックなキャラと現実世界のリアルさを再現してる部分とが上手く相まって独特のタッチで世界が描かれている感じがします。
ビビットなカラーを抑え、パステルカラー調の色遣いはなんか癒されますよ。

背景も丁寧に描かれており、草原を走るとちゃんと草も揺れたりすることに驚きました。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

BotWを本格起動した時はテレビモードでやってたんですが、周りで見てた我が家の子供たち(小1&小4)はこの世界に見とれてました
小1の娘なんかは、横で見ながら「あそこの水のあるところに何かいそう」「気に登って調べてみて」など、ホントに冒険してるような指示を僕に出してきたり(笑)
FF15の時も横で見てることありましたが、あっちはリアル過ぎて娘にとっては怖いゲームだったようです。
その点、BotWの世界は子供にも優しいのかも知れませんね。さすが任天堂。
この先冒険していけばどうなるか分かりませんけど(笑)


どこにでも行ける世界とBGM

まだまだチュートリアル的な要素を進めてるだけなのですが、噂通りにどこにでも行ける感がスゴいです。
あそこに登れないかなと思って工夫してると登れたり、水の中に入れるのかなと思ったら入れたり。
そんで高いところから落ちるとライフがなくなってゲームオーバーにもなっちゃう。
もうね、冒険してる感が半端ない
これ、いろんなアイテムを手に入れると、本当に目に見えるところの隅々まで探索出来そうですよね。素晴らしい。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

その冒険感をさらに増す効果があるのはBGM。
いや、BGMというよりは環境音って言うんですかね?
なにかBGMがずっと流れている訳ではなく、自然の中で聞こえそうな音がうっすら流れてる感じなんですよ。
小鳥がさえずる声、水のせせらぎ、リンクの足音などなど。
フィールド曲が流れてるのも悪くないですが、こういった演出が冒険してる感を高めてくれて僕は好きです。


戦闘が楽しい!

僕はアクションゲームが苦手です。不器用なもんで(笑)
なので複雑な操作を要するゲーム、特にラスボス付近は勝てる気がしないのですが、BotWは操作性も良い感じだし今のところ何とかなってます。
ただ、自由自在に操るにはそれなりの修練が必要なので、少しアクション苦手だと苦労しそうな感じはしますが・・・
ま、そこはやっぱりアクションRPGなんだから頑張って慣れるしかないですね。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

でも、その苦手さを忘れさせてくれるくらい戦闘は楽しいです。
敵が突然湧いて出てくる訳ではなく、フィールド上からその存在を確認出来ます。
いきなり襲いかかってくるわけではなく、こちらを認識すると戦闘が始まるという感じ。
だから見つからないように隠れて近づいて弓で狙ったり、背後にまわって攻撃したり、周りに落ちてる樽などを利用したり・・・

武器も耐久性があって何度も使ってると壊れるし、かなりの緊張感があります。
武器を投げるなんてことも出来るんですが、敵に当たらないと一瞬丸腰になるのでピンチを迎えたり。
ホントに面白い。

出来るだけ頑張って自由自在にリンクを操作出来るようになりたいものです。


謎解きも楽しい!

僕の中でのゼルダのイメージはアクションRPGであること、そして謎解き
単純に敵を倒してレベルを上げていくRPGではなく、特にダンジョンの中に謎解きギミックが用意されていて、考えないとクリア出来ないゲームというイメージなんです。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

その辺りはBotWでも健在のようで、一見進めそうにない場所もアイテムを使って進めるようになったりするんですよね。
これがやっぱり楽しい。
ああでもない、こうでもないと手持ちのアイテムや周囲を見渡してクリア出来た時の爽快感がいいですよね!
まあ、まだ序盤なので大した謎解きなんかはクリアしてないんですが(笑)


結論!BotWは名作だ!

たった1時間ほどしか遊んでないんですが、それだけでも分かります。
BotWは名作です!!
素晴らしい出来だと思いますね。

自由度が高いなんて言葉でくくれないほどのオープンワールド。
独特の世界感やそれを印象づけるBGMの数々。
随所に散りばめられてるであろうギミック。
緊張感のある戦闘。

少し遊んだだけで全てが高いレベルでまとまってるゲームのように感じました。
世界中で絶賛されてるのも分かりますよ。

逆に不満という部分についてですが、今のところは見あたりません。
強いていえば、アクション苦手な僕のようなタイプはこの先苦労するんだろうなあという予感がするくらいですかね(笑)


今日のまとめ

ということでBotWのファーストインプレッションでした。
これだけでもスイッチ買って良かったなと思います。まあ、Wii Uでも出来ましたけど(笑)

しかし、これだけBotWのオープンワールドが楽しいとなると、僕にとっての本命であるドラクエ11もこんな風にしてくれたらなあと思ったりもします。
ただ、やっぱりゼルダとドラクエって世界感もシステムも違うので、それが合ってるかどうかは微妙なところですけどね。
そのくらい、ドラクエ派の僕も魅了するBotWの完成度が高いってことですかね。

まだまだこの先は長い冒険が出来そうなのでじっくり楽しみたいと思います!


エンタメカテゴリの最新記事