iPhone アップル ジョギング

【iPhone 7 Plus】ジョギングのモチベーションを高めるためにBluetoothイヤホン TaoTronics TT-BH07 を購入した感想

いつまでたっても走るのは苦手なnovです。こんばんは。

先日、健康管理とダイエットのためにジョギングを再開したのですが、その時にモチベーションを上げるために購入したのが Bluetoothイヤホン。
僕はiPhone 7 Plusユーザーなのですが、ジョギングをサボる理由としてイヤホンジャックがなくなって走ってる時に音楽聴けなくなったしなあと自分に言い訳しておりました。
実際には純正の変換アダプタを使えば今までのイヤホンでも聴けたのですが、自分への言い訳をなくすためにもここはBluetoothイヤホンを買っちゃうかとなった訳です。
で、選んだのが TaoTronics TT-BH07 というイヤホン。
今回は使用雑感などをお届けします。


TaoTronics TT-BH07 Bluetooth4.1 イヤホンの使用雑感

選んだ理由

Bluetoothイヤホンは数多くありますが、僕の目的はジョギング中に使うこと。
なので音質よりも使用中に他の音も聞こえることや、激しい運動中でも耳から外れないことが第一条件でした。
その中で候補になったのはこの3点。




どれも定番ですね。しかも価格が3000円前後とどれも手が出しやすい価格
正直、どれもで良いかなと思ったのですが、マグネットで固定出来るタイプが使いやすそうということでSoundPEATSかTaoTronicsかなあと思ったのですが、とある楽天のショップが送料込みで少し安かったのでTaoTronicsにしました。
結構適当な選び方ですいません(笑)


開封とセッティング

送料無料のお店を選んだのはいいけどメール便だったので届いたのは約1週間後。まあ、このあたりは仕方ないですよね。
で、早速使ってみようとセッティング開始です。
パッケージはこんな状態です。

TaoTronics TT-BH07

なかなかにオシャレですね。

開けてみるといろんなパーツが入ってます。

TaoTronics TT-BH07

分かりづらいですが、注目はイヤホンの交換パーツが付属していること。耳に引っかける部分があるのですが、そこのパーツが大小1セットずつスペアが入ってます
これで自分の耳にフィットする大きさをチョイス出来るということなので、これはなかなか親切。

充電に関してはUSBケーブルで出来るようですね。
1時間ちょいで充電でき、5時間使用出来るみたいです。どうせ1時間も走らない僕にはこれで十分。

あと、一応は日本語の説明書も入ってましたよ。あまり見なかったけど(笑)

で、これが本体。

TaoTronics TT-BH07

マグネットで引っ付くのがいいですね。
休憩中などに耳から外した時も首の前で引っ付けとけばなくすこともありません。

モノを確認したので次はiPhoneとの接続。
コントロールボタンの中央の三角印を長押しするとマークが赤く点滅し出します。

TaoTronics TT-BH07
TaoTronics TT-BH07

iPhone 側の 設定 > Bluetooth で確認すると製品を認識し出すので、製品名をタップして接続。

TaoTronics TT-BH07

無事に接続出来ました。
上部の時刻などの右のBluetoothマークがイヤホンマークになってますね。

TaoTronics TT-BH07

イヤホン側も青くなってますよ。

TaoTronics TT-BH07

あとはBGM流して走りに行くだけですよ!


合計約20kmほどジョギングで使用した感想

続いて使用雑感です。
1回5kmほどを4回ほどジョギングしてみました。

まず音質ですがこれは意外に良いです。
あまり期待してなかったのですが、結構クリアに聞こえますし、この値段でこれはアリだなあというのが率直な感想。
気になってたジョギング中の周囲の音ですが、ちゃんと聞こえるのでこれも一安心。
ただし、イヤホンを強く押し込んだりし過ぎたり、音量が大きすぎると流石に聞こえにくくはなりますので、自分なりの調整は必要ですよ。

TaoTronics TT-BH07

次にジョギング時に使うイヤホンの最大の問題、ちゃんと固定されるかですが、これもまあ大丈夫でした。
最初は送られてきたままの状態、つまりイヤーフック部分が小さい状態で走ってきたのですが、この時は右だけ外れやすく、数百メートル走っては耳に押し込んでたので、正直ハズレかなあと思ってたんです。
で、2回目に走る時は、スペアの大きい方にしてみたら右は安定したのですが、今度は左がハズレやすくなりまして。
そんなこんなで最終的に落ち着いたのは右が大、左が小のイヤーフックという変則的な組み合わせに(笑)
これは僕の耳の形状のせいもあるんでしょうけど、これでかなり安定しました。5kmくらいノンストップで走っても問題なかったので、長時間使用でも大丈夫そうです。
こんな感じで自分の耳に合わせて調整出来るので、おそらく多くの人は問題なくジョギング中でも固定されると思いますね。

コードの素材もゴムっぽい感じで撥水性も良さそうなので汗をかいてもすぐに拭き取れそうなので良い感じです。
このイヤホンがどの程度の防水機能を持ってるか分かりませんが、実はいきなり間違って洗濯機に入れてしまったのに何事もなく使えたのでその辺りも問題ないかと。
いきなり洗濯機にいれてしまった時は3000円ほど無駄にしたな・・・と意気消沈したのですが、結果実証実験出来たので良かったです(笑)

とまあ、今のところ満足して使ってますが1点だけ気になるところが。
それはジョギング中に汗が流れ出した時、まれにイヤホンを伝って耳の穴に汗が入ってくることがあったこと。
意識して密封しないようにしてるのもあるのでしょうが、こそばかゆくなっちゃいました。
これから夏に向けて大量に汗をかきそうなので、頻繁に入るならちょっと気になりますね。


今日のまとめ

ということでTaoTronics TT-BH07 Bluetooth4.1 イヤホンの感想でした。
一言でいうとコスパ最高。これに尽きるんじゃないでしょうか。
ジョギングのお伴にオススメですよ。
さて、これで自分に言い訳出来なくなったので、ジョギング頑張りますかね!

スポンサードリンク

-iPhone, アップル, ジョギング

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。