【肯定的ネタバレ】確かにこれはユアストーリー!賛否両論の映画「ドラゴンクエスト ユアストーリー」を観てきた感想

【肯定的ネタバレ】確かにこれはユアストーリー!賛否両論の映画「ドラゴンクエスト ユアストーリー」を観てきた感想

ドラクエ1からリアルタイムで遊んでるオッサンなnovです。こんばんは。

あのドラクエ5が映画になる。そう聞いてから子供たちと一緒に観に行こうと決めてました。
が、子供たちには「天気の子」がいいと言われ、さらに漏れ伝わってきたラストの酷評の噂を踏まえて一人で観に行って来ましたよ(笑)
結果的に言うと子供たちと一緒に行かなくて良かったかも。

さて、今回は映画ドラゴンクエスト ユアストーリーの感想です。
完全にネタバレ、しかも長文ですので未見の方はご注意下さい。
では行ってみましょう!


ドラゴンクエスト ユアストーリー ネタバレ感想


全体のクオリティについて


ドラクエ ユアストーリー
まず最初に書いときたいのは映像はかなり綺麗です。
鳥山明デザインのキャラでないとはいえ魅力的な登場人物たち、モンスター、そしてバトルシーン。
かなりクオリティ高かったですね。
ラストシーンに賛否両論があるけども、この辺りにケチをつける人はいないんじゃないでしょうか。
個人的にはこのクオリティでドラクエ5の名シーンを再現しているのを観れるだけでも、この映画を観に行く価値はあると思います。

ストーリー的にもかなり駆け足ではありましたが(これにはラストにつながる理由があるけども)、あの長いストーリーをよくまとめたと思います。
特にビアンカ、フローラ結婚問題、ドラゴンオーブをめぐる幼少の主人公とのやりとり、自分の息子が勇者と分かったシーン、勇者が天空の剣を抜くところなんかは特に良かったです。
あ、あと石化するシーンも好きだったなあ。

などなど、映像美やゲームに沿ったストーリー展開は悪くなかったと思います。
いや、むしろ優秀だったのでは!?
きっと多くのドラクエファンがこのクオリティで3部作くらいで5を再現して欲しい、もしくはロト伝説を!と思ったに違いないと思います。


ビアンカ、フローラ問題について


前情報がまったくない時点では、この映画最大の見所だと思ってました。
やっぱりドラクエ5といえばビアンカ、フローラ問題ですもんね(笑)
極端な話、僕はビアンカ結婚ルートとフローラ結婚ルートの2作品が用意されていて、公開前半はビアンカ、後半はフローラみたいなやり方で、両方のファンを納得させるのではないか?それが「ユアストーリー」ってことじゃないかな?と思ってました。
それは見事に外れたのだけど(笑)、そうなると必ず2回観に行かないとダメになるしそれはそれで批判でたかな(笑)

で、ビアンカ、フローラ問題ですが、見事な解決の仕方でしたね。
やっぱり王道はビアンカですし、映画にするならそうなるでしょう。でも、それをフローラに老婆に変身させて後押しさせたってのは良かったと思います。プロポーズシーンも良かった!
が、なんでフローラは主人公とビアンカの関係のことをあそこまで分かってたんでしょう?映画内では語られなかったけど、主人公とも顔なじみだったし。この辺りはリメイクのゲーム内容に沿った部分だとは思うけど、説明があまりなかったので、なぜフローラがビアンカと主人公の仲を気にするかが伝わってこなかった点は少し残念です。

あと、どうせならルドマンさんを選ぶシチュエーションとか入れてくれるとドラクエ5ファン的には嬉しかったかも。
しかしデボラは完全にいないものとなってますなあ(笑)

ちなみに今回の映画内だけでの話なら、僕はフローラ派です(笑)
フローラ可愛かった。声は少し違和感あったけどね。


ラストシーンについて


さて、ここからが本番(笑)
まず最初に僕はこのラストシーンに肯定的です。
あれはあれで良かったんじゃないかなあ。

多くの人がせっかく物語没入してたのにいきなり現実の世界に引き戻された、架空の世界をこれが現実ではないよとわざわざ告げなくても・・・
と怒りを覚えるのもごもっともでしょう。
僕も最初にラストがヒドいという前情報を得てなければポカーンだったかも知れません(笑)

ただ、この映画の主人公、VRドラクエをする男性自身と僕自身に共通する点が感じられ、意外にすんなりとあの展開を受け入れることが出来ました
リアルな世界で仕事や子育て、生活に少し疲れた時、ドラクエは僕にとってある意味ちょっとした現実逃避の装置であってタイムマシーンのようなものです。
ドラクエやってる時は子供の頃のあの感じに戻れる感覚は多少あるんですよね。

だから、バグったミルドラースが男性に告げる「大人になれ」は僕自身に言われてるようにも感じました。
同時に男性が反発し、あの頃のドラクエのキャラたちは自分の中に生きている的なことを言ったのも同じ気持ちです。
極端な言い方ですが、ドラクエから学んだことは多いですし、大人になった自分を形成している要素の一つとしてドラクエがあるんです。
だから、あの展開でも驚きはなったし、納得も出来ました。
副題の「ユアストーリー」もそういうことかと理解出来ましたしね(笑)
でも、この内容なら無理にドラクエでやらなくても良かったんじゃないかなとは思います。
なんかね、変にディズニーっぽい(笑)

そういう意味も含めて、このラストシーンが多数の人に酷評されているのも理解出来ます
ドラクエ、特にドラクエ5のキャラに思い入れが強ければ強いほどそう思っちゃうんじゃないのかなあ。
ゲームや小説の中のあのキャラが現実にいれば・・・あの世界を体験してみたい。そう思って映画化を喜んだ人が大多数だったと思うので、この酷評は仕方ないのかも知れません。
要するに映画内の「リュカ」と「VRの男性」のどっちに気持ちが同調したかによって評価が変わるのでしょう。
まあ、多くは「リュカ」だろうな(笑)というかみんなそのつもりで観に来てますもんね。

ただドラクエだけに限らず原作がある作品の映画化ってのは難しいですよね。
ファンであれば原作の結末を知ってるし、それを忠実に再現しても面白みがないとといけないので違う結末を用意する。
で、酷評される(笑)

あのままミルドラースが復活し、勇者が倒してハッピーエンドでももちろん良かったとは思いますが、それはそれで少し物足りないと思ったかも知れません。
個人的には予定調和の展開よりは、今回の展開の方がベターではないかなと思っています。

ちなみにネタバレは回避してたものの、ラストがヒドいなどを酷評されていた時点で僕が想像していたのはこうです。

ゲマを倒してミルドラースと対峙する場面で画面がフリーズしてしまう。その原因はこの物語は子供が遊んでる世界であって、フリーズの原因は母親にゲームのやり過ぎ!と怒られて電源切られてしまう。
で、子供がお母さんに激怒して・・・という日常シーンになって終わり。


ある意味、かなり惜しい展開だと思いません??正直、ミルドラースのシーンで世界が止まった時はキター!!!って思っちゃいました(笑)
まあ、この予想もあったからあの展開をすんなり受け入れられたのかも知れません。


残念だったところ


とまあ、問題のラストシーンの展開も含めて概ね肯定的なのですが、それでも残念に感じたところはいくつかあります。
まず、これだけは言いたい。

タバサどこ行った!!

いや、ドラクエ5といえば双子の兄妹でしょ。
なんでその存在自体が消えてるのよ・・・ここは意味分からん。
VRの世界であって数時間でドラクエ5の世界を体験させるという設定から、物語の多くが端折られてるのは理解できます。
それでも双子の妹の存在消しますかね。僕はラストシーンよりもこっちにツッコミ入れたかったです(笑)

同様に主人公の名前を「リュカ」にして小説版の作者から訴えられてるらしいですが、VRプレイという設定上、プレイヤーの男性が好きでその名前を使ってるのは理解できました。
が、その名を使ってグランバニアのフルネーム(小説版では本名リュケイロム・エル・ケル・グランバニア)まで劇中に出してるなら、グランバニア王国を少しでも出して欲しかった
そんでもってスクエニにはこんなことで揉めて欲しくないなあ。
個人的には小説版読んでないし、逆にリュカの名前に違和感ある方なんですけどね(笑)

あと、音楽について。
多くはドラクエ5の楽曲を使ってて良かったのですが、ちょいちょいと他のシリーズのが入ってくるんですよね。
で、ヒドいなあと思ったのがエンディング付近で流れる「この道我が旅」「そして伝説へ」。
いや、めっちゃ好きなんですが、ドラクエ5でエンディングがロト三部作!? ないわー・・・

まあ、このエンディング曲には理由があって、ラストシーンの展開から君こそ勇者だ!みたいな話になりますよね。
で、あの武器「ロトの剣」でラスボスを倒しちゃうから、勇者、ロトの剣とくるので「この道我が旅」「そして伝説へ」になると。
分かるんだけどなあ。
上でラストシーンの展開は肯定的と書いたのですが、それでもロトの剣やエンディング曲にこの辺りを持ってくるのはどうかと思います。
なんか「ほら、お前ら結局ロト三部作好きやろ?ロトの剣見せたるわ。感動しろ!」って言われてるようでした。
いや、実際好きやけど(笑)
でも、もうその辺りはドラクエ11で散々堪能したので、映画までロトの勇者でなくてもねと思いました。はい。

最後に、子供連れで観に行っていいかどうかですが・・・

子供と一緒に行くのは向いてません!

あくまでドラクエ5をリアルタイムで遊んだ世代に向けての作品ですし、実際そういう人向けに作ってあります。
なので、ゲームしたことない子供にしたら、あのラストシーンの展開は何の思い入れもないし同調も出来ないでしょう。
多分???ってなるはず(笑)
僕も連れて来なくて良かったです。子供と行くなら天気の子が正解です。残念だけど。


今日のまとめ


いやあ、長文駄文失礼しました。
もう少し書きたいことはありますが、キリがないので止めときます。
ラストシーンの展開から賛否両論巻き起こってるのは分かりますが、ドラクエファンならそれまでに至る映像を観るだけでも満足出来ると思いますよ。
ここまでネタバレ感想書いてなんですが、未見の方はぜひ観に行って下さいね!


その他ドラクエカテゴリの最新記事