クルマ

これがシエンタ!? 新しいシエンタがカッコいい!

車は基本的にホンダ党のnovです。こんばんは。

先日、何気にテレビを観ていたら「あれ、なにこの車?」っていうCMが流れてました。
それはトヨタのシエンタ
正直、これがシエンタ!?と驚きましたよ(笑)

新型シエンタ登場

日本車っぽくないシルエット

今までのシエンタって丸目でどちらかというと可愛いイメージの車でしたよね。
CMでも安田成美さんとか起用して女性向けのコンパクトミニバンってイメージ。

それが新型ではイメージを一新!

シエンタ
※画像は公式サイトより引用

なに、この攻めてるデザイン
どこの輸入車かと思いましたよ(笑)

なんでもトレッキングシューズやスポーツバックをイメージしてるんだとか。
なるほど、確かにスポーティな印象ですね。





これはカッコ良いの一言。
トヨタ、いいですね!


トヨタらしかぬデザイン

正直、個人的にトヨタというメーカーに対してはあまり関心がなかったんですよね。
昔から言われてることですが「80点主義」であって、斬新な車よりはみんなが安心して乗れる平均的な車をつくるメーカーという印象が強かったんです。
実際に一部の車両を除いてはそういった車も多いし、冒険しないメーカーだと思ってました。

が、今回のシエンタはカッコ良い。
いや、多分このデザインが嫌いな人もそれなりにいると思うんですが、それでもこのデザインを採用したトヨタは素晴らしいと思います。
80点を狙いに行くよりは、一部の人の120点を目指したといいますか。
なんかトヨタらしからぬ車ですね(笑)

ぜひ今後もこういった車がトヨタから出てくることを願います。はい。


今日のまとめ

僕はどちらかというとホンダ、ニッサン、スバルが好きでアンチトヨタであったのですが、このシエンタはちょっと良いなと思いました。
個人的に最近はマツダ車のデザインが国産メーカーの中では断トツに良いと思ってたんですが、それに割って入るようなカッコ良さ。
ちょっと欲しくなりました。
まあ、今の愛車をあと4、5年は乗るつもりだし買えないんだけどね(笑)

ともかくトヨタのような世界的メーカーがこういう攻めた車を作ってくれるのは嬉しいな。
ぜひこの路線で頑張って欲しいです。はい。


トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術

スポンサードリンク

-クルマ

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。