ジュニアサッカー 子育て

真夏の親子サッカーは子供だけでなく親こそ熱中症対策が重要だと実感した話

2017/11/17

毎日の暑さでバテバテなnovです。こんばんは。

7歳の息子がサッカーを習いだしてからもうすぐで1年。
サッカー教室で親子サッカーをする機会も増えてきたのですが、この暑さの中、先日も親子サッカーをしてきました。
正直、暑さでかなりヘロヘロになったのは言うまでもありません(笑)


親子サッカー熱中症対策

ともかくまずは水分を

息子のサッカー教室は年に一度夏合宿があります。
参加は4年生以上で、3年生以下は2日目の当日のみ参加します。
そこで親子サッカーがあったんですが、まあこれがここ最近の猛暑で暑いこと。

40オーバー世代の僕としては、練習中に水を飲むなという精神論がまかり通ってた世代なので、夏場でもそれなりに大丈夫という変な自信があったんですよね。
が、時代も暑さも違うし、何より自分の体力が違う(笑)

親子サッカーは午前に15分を3ゲーム、午後に2ゲームをする感じだったんですが、僕はたった2ゲームで汗ダク。
そして軽いめまい
正直、初めての経験でした。

親子サッカー
まあ、熱中症ってほどでもなかったんですが、暑さでめまいとは・・・
ゲームに出てない時もグランドで子供たちの練習を見てたこともあり、ずっと日差しにあたる環境にいたのがダメだったようです。

で、こういうことにならないために、とりあえずは水分ですよね。
ホントにこれが大事だと実感しました。
一応は凍らしたお茶をペットボトルで数本持って行ってたんですが、これを出来るだけ小まめに飲むことを心がけました。
出来ればスポーツドリンクの方が良いかも知れません。

大塚製薬 ポカリスエット パウダー10L用
僕が高校の時はゲータレードとか作ってたな。

あと、子供にはガッツギアが人気でした。

味の素 アミノバイタルゼリー ガッツギア マスカット味 250gパウチ×30本入
いわゆるアミノバイタルのゼリー状になったものですね。
子供たちはみんなこれを冷やして休憩中に飲んでました。
正直、おじさんも欲しかったよ(笑)


塩分補給も大事

あと水分以外では塩分補給も大事なようです。

カバヤ 塩分チャージタブレッツ 90g×6袋
暑いから汗が出る。汗が出ると塩分がなくなる。
ということで水以上に塩分補給ってのも熱中症対策のポイントらしいです。
アメだと気軽に補給出来るのでこちらも水分と一緒に休憩中にいただくと良いみたいですね。


通気性の良い服装を

僕もそうですが、サッカーの経験者でもないし、子供の相手を少しだけするくらいならジーパンでいいかと普段着で親子サッカーに参加することも少なくありませんでした。

が、真夏のこれはかなりキツいです。
さすがの僕も今回はジョギングでいつも使用しているスポーツウェアで参加しました。

(アシックス)asics(アシックス) A77 メッシュTシャツ XA100N 01 ホワイト M
いわゆる吸収速乾のドライTシャツタイプですね。
あと短パン。

このあたりも長時間外にいるなら地味に効いてくるところなので気を付けた方が良いかもです。



今日のまとめ

子供の熱中症対策ももちろん大事です。
でも習い事でもある以上、コーチや親が子供のことに関しては常に熱中症にならないように「水分とれー」なんて注意してますよね。
逆に親は自己責任でもあるので、倒れるまで誰も注意してくれません(笑)
なので、親こそ夏場の観戦や練習参加には気を付けないとダメなんだなと実感しました。

僕も今回でそれがよく分かった気がします。
真夏の屋外スポーツ、恐ろしいです(笑)
親子ともども、熱中症に気を付けて楽しくサッカーやりましょう。

ちなみに親子サッカーの結果ですが、昼からの部は体力切れで子供たちに押されておりました(笑)
あ、あと帰ったあとのビールは最高だったのは言うまでもありませんよ(笑)

スポンサードリンク

-ジュニアサッカー, 子育て

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。