お出かけ イベント

亀岡平和祭保津川花火大会で子連れで混雑を避けて露店を楽しむならJR亀岡駅南口側がオススメ

夏大好きなnovです。こんばんは。

夏といえば花火大会ですよね!
関西でも多くの花火大会が毎週末に開催されていますが、ウチのように子連れではその混雑っぷりから行くのにちょっと勇気が必要です。
だって満員電車とか人混みの多さで子供たちがブーブー言うのが目に見えてますし(笑)

でも、この亀岡の花火大会は広い観覧場所もあるしそういう意味でも結構オススメです。
それでも混むのは混むのでよりマシな場所をご紹介します。


亀岡の花火大会のオススメスポット

JR亀岡駅南口側が意外にオススメ

JR亀岡駅につくと花火大会会場として人の流れは北口に誘導されます。
実際に打ち上げは北口の先にある保津川の河川敷からだし、そちら側は建物もなく河川敷と道が広がってるので鑑賞スポットとしてどこからでも花火が見れます
打ち上げ会場近くに行くと100店ほどの露店も出てるのでじっくりと花火大会を味わいたい人はこちらに行くのがオススメです。

が、先にも申した通り、ウチは子供たちが混雑に慣れてないので出来れば花火大会が終わる寸前に電車に乗って帰りたいんです。
最後のフィナーレが見られないのは残念ですが、小学校低学年、幼児では花火大会が終わって満員電車で帰るにはキツいので・・・

そこでオススメなのが亀岡駅の南口側
ご存知の方も多いと思いますが、こちら側にも露店がそれなりに出てます

亀岡平和祭保津川花火大会
数は多くないけど、定番のお店は大体あるし、会場近くに比べて値段も少し良心的なところもあったりします。
人も多いけど、我慢出来ないってレベルではないしね。

肝心の花火ですが、建物や駅で見えない場所もありますが、間からちゃんと見えますよ。

亀岡平和祭保津川花火大会
亀岡平和祭保津川花火大会
亀岡平和祭保津川花火大会
花火って写真撮るの難しいですよね。
iPhoneなら特に難しいです。

でも、キレイに上がるのも見えますし、露店も楽しめる。
南口側オススメですよ。


実は駅のホームからも見える

南口側にはイオンもあるので、そこからも見えると思うんですが、真の穴場スポットは亀岡駅のホーム
もちろんホームでの鑑賞は禁止されてるので、ずっとそこで見てるって訳には行きません。

なのでウチは帰る電車の10分前くらいにホームに行って電車を待ちながら見てました。
ここが一番空いててよく見えますよ(笑)
でも、係の人がいるのでくれぐれも電車に乗らずに花火鑑賞するってのは迷惑になるのでダメですよ。

ウチはフィナーレに差し掛かるくらいに電車に乗って帰りました。
京都駅方面に帰るのですが、2駅くらいは電車からも見えるので意外とオススメ。
電車内も空いてるし、子供たちも満足してくれますよ。


今日のまとめ

ということで亀岡の花火大会に行って来ました。
本当なら最後までいて、子供たちにもフィナーレの大迫力の花火を見せてあげたいと思うんですよね。
かなりスゴいし。

でも、ウチの子は花火より露店の方が好きなので人混みでブーブー言われるよりは上で書いた楽しみ方が合ってるように思います。
花火開始の1時間くらい前に来て露店を楽しんで、花火を少し観て帰るってのも子連れには良いかも知れませんよ。
また来年も同じ方法で行こうと思います。
その時はちゃんと花火の写真をキレイに撮りたいな。


火花

スポンサードリンク

-お出かけ, イベント

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。