雑記

捨てるの待った!書き損じた年賀状は郵便局で交換出来ますよ!

2016/01/06

今日で仕事納めのnovです。こんばんは。

いよいよ年の瀬ですねえ。
さすがに年賀状はもう書き終えた人も多いと思います。
ウチもなんとかクリスマス頃には作り終えて投函しましたよ。

しかし毎年のことながら、年賀状はいつも何枚か印刷を失敗したりするんですよね。
郵便番号が枠に入らなかったり、天地を逆に印刷しちゃったり。
そんな書き損じ、印刷失敗の失敗の年賀状ってどうしてます?
やっぱり捨てます??
実は書き損じの年賀状って郵便局に持って行ったら、いろいろなものに交換出来るって知ってましたか?
捨てる前に活用出来るかも知れませんよ。


書き損じた年賀状は交換できる

交換出来るもの

年賀状に限らず、はがきなどの書き損じは郵便局で交換してもらえます。
一体、何に交換してもらえるかと言うと、年賀状の場合は次の通り。

  • 切手
  • 年賀状(ただし販売期間内)
  • その他の郵便はがき
  • 郵便書簡
  • レターパック封筒

年賀状 交換
※画像は郵便局公式ページより引用。年賀状は「くじ引き番号郵便はがき」になるようです。

なんと!失敗した年賀状は、新しい年賀状に交換可能なんですよ!
もちろん、その年の年賀状が発売している期間だけが対象ですけどね。

さらに数年前に書き損じた、もしくは余ってた年賀状は切手に変えたりすることは可能なんだとか。
知らなかったなあ。
こういう情報、郵便局はもっと前面にだして欲しいな。
まあ、僕が知らなかっただけかも知れませんけど(笑)


わずかな手数料で交換可能

年賀状 交換
ただし、注意しなければならないのは無料で交換してくれるって訳じゃないですよ。
さすがに郵便局もそこまで助けてくれません(笑)

交換には手数料が必要なんですが、その手数料はわずか5円

年賀状を書き損じて足りなくなり、新しく買いに行くことを思えば格安ですよ。
この金額はありがたいですね。

逆に余ってしまった年賀状の場合ならば、使い道なんてないので5円払って切手なんかに交換した方が良いかも。
ともかくありがたいですよね。


今日のまとめ

ということで年賀状の交換のお話でした。
これ、実は僕が気付いたんじゃなくて嫁が知ってて交換してたんですよ。
なんで主婦ってこんなにお得情報知ってるんですかね(笑)

年末も押し迫ってまいりましたが、今から年賀状頑張るという人もいるはず。
もし書き損じしちゃったら捨てずに取っておくことをオススメしますよ!


スポンサードリンク

-雑記

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。