エンタメ クルマ 本・雑誌

2号以降も買い? デアゴスティーニのF1マシンコレクション創刊号「マクラーレンホンダMP4/4 アイルトン・セナ」の開封&クオリティレビュー

F1の知識は2000年くらいで止まってるnovです。こんばんは。

世代的に第二期ホンダ黄金期のF1ブーム直撃だったのでマクラーレンホンダがF1至上最強マシンだと思ってるんですよね。
そんな僕を揺さぶるアイテムがまたデアゴスティーニから出ちゃいましたね。
そう、CMでもバンバン流れてたF1マシンコレクション
しかもいつもお得な創刊号はセナのマクラーレンホンダときたもんだ。
そんなん買うしかないでしょうと言うことで、ちょっと遅くなりましたが創刊号を買ってきたので、その感想などをお届けします。
果たして価格が上がる2号以降は買いなのでしょうか・・・


F1マシンコレクション レビュー

創刊号はマクラーレンホンダMP4/4

デアゴスティーニから新たに発売されたF1マシンコレクション。
CMもバンバンやってますね。



創刊号は特別価格の999円
しかもマシンはマクラーレンホンダMP4/4
あの16戦中15勝を上げた1988年モデルですよ。
まさに歴代F1マシンの中でも最強と言っても過言ではないマシン。
これは買うしかないですよね。

F1マシンコレクション創刊号マクラーレンホンダ

CMで見た時から買いに行かなきゃと思いつつ、タイミングを逃してたのでもう売り切れかなあと思ってたところ、近所のショッピングモールの本屋さんに2号と一緒に並んでたので買ってきました。
ちなみにまだネットでは購入できるようですよ。



開封レビュー

なかなか大きなパッケージですが、早速開封。
開けてみると薄い本とマクラーレンホンダが見えます。

F1マシンコレクション創刊号マクラーレンホンダ

本が反射で見えなくてスイマセン。

これは一応、本なのですが肝心の本には目もくれずマクラーレンホンダをひっぱり出しますよ。

F1マシンコレクション創刊号マクラーレンホンダ

本に固定するようのパッケージが入ってますね。
コレクションとしてはこのままでも良いんですが、中身を見たいのでもちろん開封。

出てきました、マクラーレンホンダMP4/4!

F1マシンコレクション創刊号マクラーレンホンダ

ちゃんと台座も角度付で観賞しやすいようになってます。

F1マシンコレクション創刊号マクラーレンホンダ

カバーを取り出して中身を確認。
マルボロカラー、セナの12。いやあ、なつかしい!

F1マシンコレクション創刊号マクラーレンホンダ

後ろからはこう。

F1マシンコレクション創刊号マクラーレンホンダ

良いですねえ!

画像はないですが、ドライバーで台座からも外せますよ。

あと、主役の本もちゃんと読みましたよ!

F1マシンコレクション創刊号マクラーレンホンダ

1988年の鈴鹿のスターティンググリッドの名前が懐かしすぎる
今のF1は一部のドライバーしかもう分からないんですが、この頃のドライバーはほぼ覚えてます(笑)

まあ、読み物としてはページ数も多くないし、MP4/4に関する部分もそう多くありません。
でもチームとしてのマクラーレンの話も入っていて、結構面白かったですよ。
ちなみに、この創刊号に関しては全18ページを公式ページで立ち読み出来ます。


クオリティレビュー

さてさて、肝心の商品クオリティのことについて。
全体的には好印象です。パッと見は悪くない。

F1マシンコレクション創刊号マクラーレンホンダ

でも、よく見ると塗装などはあんまり綺麗じゃない感じしますね。光沢がない
あと、マルボロカラーでありながらマルボロのロゴはありません

まあ、いろいろな決め事でタバコのロゴとか使ったらダメなんでしょうけど、再現出来ないのは残念極まりないですね。
F1の歴史とタバコのスポンサーとは切っても切れない関係だったので再現出来てないのは・・・
僕はF1マニアというほどではないので、カラーリングの位置の再現とかまで細かいこだわりはないのですが、マルボロロゴがは何とかして欲しかったです。
せめてマクラーレンのロゴとかでも良いし欲しかったなあ。

細部の塗装仕上げもちょっと雑な感じが見られます・・・

F1マシンコレクション創刊号マクラーレンホンダ

パッと見る感じでは違和感そんなにないんですが、じっくり見るとアラがある。
塗装にデコボコもあるし、ところどころ滲んでるし・・・
まあ、創刊号の999円という価格を考えれば妥当だとは思いますが、もう少しクオリティを上げて欲しいというのが正直な感想ですかね。


2号以降は買いなのか!?

もうこのシリーズは2号が発売されています。


F1初のフルタイム参戦日本人ドライバー中島悟のロータス!
個人的には中島悟はロータス時代よりもティレルホンダの時の方が好きですが。
というかティレルはカッコ良かったなあ。
90年開幕フェニックスでのジャン・アレジとか最高だった。

話がそれたので修正(笑)

2号以降もなかなかのラインナップですよ。
1993ウィリアムズ/プロスト、1994ベネトン/シューマッハなど全90号の予定なんだとか。
ラインナップの詳細は公式ページをご覧下さいね。

全部は無理にしても、好きなマシンは欲しいところではありますが・・・
2号以降の定価は、2,490円!!

上でも書いた通り、ちょっと今回のクオリティでは高いと言わざるを得ません。
そう思うと、2号以降買いかと言われれば僕的には買いじゃない・・・

プラモデルで自分で作っちゃうという選択はあると思うんです。
実際、ちょっと高いけどフジミ模型からも出てるし。


ただ、僕は不器用なので完成品があればコレクションとして嬉しいなあと思ってたんですよ。
2号以降も999円なら買ってたんですけどねえ。
2号は価格も上がってるので、クオリティも上がってることに期待したいです。

今日のまとめ

ということで、ちょっと残念な結果となりました。
ただ創刊号の999円は納得だし、買って良かったと思ってます。
前に買った同じくデアゴスティーニのWRCインプレッサと記念撮影しちゃったりして楽しんでますよ(笑)

F1マシンコレクション創刊号マクラーレンホンダ

やっぱり2000年前後くらいまでのモータースポーツいいですね!
まあ、自分がオッサンになって興味なくなっただけだと思いますけど(笑)

スポンサードリンク

-エンタメ, クルマ, 本・雑誌

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。