お出かけ 子供向けイベント 遊園地

【ネタバレあり】子供たちと一緒にドラゴンクエスト・ザ・リアルを体験してきたので感想や事前準備などの流れなどご紹介!

子供たちもドラクエ好きに育成中のnovです。こんばんは。

先日、娘の誕生日にUSJに行ってきたのですが、僕の真の目的はドラゴンクエスト・ザ・リアル
ビビりな娘はCMを見るだけで「ドラクエいやや!!」と行ってましたが、そこは適当になだめて連れて行きました(笑)
なので、今回は整理券の入手からアトラクション自体の内容まで家族4人(僕たち夫婦、9歳の息子、7歳の娘)で楽しんで来た様子をご紹介。
ちょっとネタバレが入りますので、何も知らずに体験したいという方はご注意下さいね!


子供たちと一緒にドラゴンクエスト・ザ・リアル!

開園すぐに整理券を入手

ご説明するまでもないですが、ドラゴンクエスト・ザ・リアルはこの時期のUSJの中でも大人気なアトラクションです。
普通のアトラクションのように並んで入るのではなく、入るには整理券が必要になるのでまずは整理券を入手しなければなりません。
もちろん追加料金を払って優先的に入れるドラゴンクエスト・エクスプレス・パス・スペシャルセットという手もありますが、2500円からという中々のお値段だったので、我が家は整理券入手に全力で挑みました(笑)

行ったのは2017年4月中旬の日曜日。
この日は朝8時30分ごろに開園。僕たちがパークに入れたのが8時40分ころ。まずは整理券の配布場所へ向かいます。

子供と一緒に行くUSJ
ドラクエリアル USJ

8時45分ごろに配布場所に到着した時点で既にこの行列。
この時点で整理券もらうまで約10分と出てました。

そして待つ事10分。無事に整理券を入手しました!!

子供と一緒に行くUSJ

なんと開園15分の時点で並んだのに指定時間は11時45分
下手したらすぐに入れるんじゃないかと予想してたのが恥ずかしいレベルの人気っぷりでした(笑)

この後、11時40分ごろにアトラクション前に行ったのですが、その時には整理券の配布終了の文字が。

ドラクエリアル USJ

いつ終了したのか分かりませんが、きっと10時すぎくらいには配布終了だったのかも知れません。
ドラクエ目当てでUSJに行く方で整理券を利用される方は、必ず朝一番に並んで下さいね!


実際の待ち時間と事前準備

そして時間が来たのでアトラクションまでやって来ました。

子供と一緒に行くUSJ

それなりに行列が出来ていますが、スタッフの方に整理券を提示して列の最後尾へ。
僕はいわゆるディズニーのファストパスみたいに指定時間に行けばすんなり入れると勘違いしていましたが、実はそうではありません。
それが出来るのはエクスプレスパスの方だけです(笑)

なのでこの時間に指定された人と一緒に並ぶことになるんですが、実際の待ち時間は約40分くらいでした。
まあ、テーマパークで40分は長くない方だから我慢出来る範囲ですね。
ただテーマパーク経験がほぼゼロの子供たちはブーブー言ってましたが(笑)

でも、このアトラクションは待ち時間にちょっとした事前準備が必要です。
ドラクエらしくパーティ構成や技の出し方を覚えておかないといけないんですよ。
基本はゲームと同じく4人パーティ。戦士、武闘家、魔法使い、僧侶から選びます。
ちなみにバトルマスターと賢者はエクスプレスパスの人のみ使える上級職。やっぱり地獄の沙汰も金次第ってことですか(笑)

それぞれの職業に技を出すモーションが設定されているので、これを覚えておきます。
アトラクションの中でも練習させてくれますが、小さいお子さんがいる場合は並んでる間に練習しとくと良いかも。

子供と一緒に行くUSJ

ちなみに我が家のパーティ構成はこうです。

息子 → 戦士
娘  → 魔法使い
母  → 武闘家
父  → 僧侶

僕的には戦士が良かったんですが、どうも回復役がいた方がパーティが安定するという噂を聞いたので仕方なく僧侶にしときました(笑)


【ネタバレあり】ドラゴンクエスト・ザ・リアルを体験

待つ事40分。ついにアトラクションの中に入ることが出来ました。
ここからは撮影禁止だったので画像はありません。
そしてネタバレ要素が出てきますので、知りたくない方はここでお別れです。

中に入るとすぐに冒険の書(タブレット)を渡されますので、ここで名前を入力し、職業を選びます。
冒険の書を入力し終わるとスタッフの方に渡し、代わりに武器の形をしたモーションコントローラーをもらいます。
形は全職業一緒でロトの剣の柄みたいになってるんですが、ここは出来れば職業ごとにオリジナル武器が欲しかったところ。
しかも若干重たいので子供や運動不足の人は結構疲れるのでご注意ですよ。

武器をもらえば技の出し方をモニターの前で練習し、いざ本番です。
並んでる列の最後尾につくのですが、その広間には王様がいます。
この王様、ロボットなどではなく本物の人が演じています。
この王様と話出来るのですがこれが最高に面白いんです!

王様から「お前は戦士か、ちょっと剣を振ってみろ。うん?出来てないじゃないか!」など怒られたりするんですよ。
もちろんこっちから話することも可能で、僕が「王様〜!!」と声をかけたら、「誰じゃ、ワシの名を呼ぶのは??」など反応してくれます。
列に星ドラのコスプレした女性が2人いたのですが、王様に「しゃべってもいいんだぞ!」と言われて「勇者はしゃべりません!」と返されたところ、さらに王様が「なに!でもしゃべったってことはお主は勇者じゃないな!?」と切り返されてました(笑)
もうね、王様最高です。ドラクエに来たらぜひ王様と話することをオススメします。

その後、アトラクションの中に入るとシスターや神官がいて、ひかりの玉をりゅうおうに奪われたと状況説明をしてくれます。
基本はドラクエ1のストーリーに沿ってるみたいですね。
一通りの説明が終わると神官が次の部屋へと案内してくれます。ちなみに神官ともお話出来ますよ。

そこでモニターに映るモンスターとバトル開始。
地面に紋章があるので、そこの上に立って技を出して攻撃
ちゃんとレベルアップもしますよ。

このバトルを合計3回ほどすればラスボスの間に。
ここでもう1つのパーティと合流して、最大8人のパーティで戦います。
今回はもう1つのパーティの我が家と同じくお子さん2人入りのパーティだったかな。
もちろんラスボスはドラゴンタイプの竜王

ドラクエリアル USJ

※画像は公式ページより引用

ラスボスとその前の一戦くらいは各プレイヤーの前にモニターが用意されてるので、それを見ながら技を繰り返します。
その結果・・・・

全滅した(笑)

なんかアッという間に竜王のブレスで全滅しちゃいました。
まさか負けることがあるとは(笑)
なので僕がお届け出来るネタバレは負けた時バーションですよ(笑)

竜王に負けると別室に通され、そこで王様がやってきます。
その時のセリフはもちろんコレ!

おお、死んでしまうとはなさけない!

ああ、まさかリアルでもこのセリフを聞くことになろうとは(笑)
でもちゃんとその後にみんな頑張ったとフォローしてくれますけどね。

負けた以上、真のエンディングも見たいところですが、残念ながらその日にもう1度入ることは整理券の都合で出来ません。
こうやってもう一度USJに行くことになるんですね(笑)

最後に出口でロトの剣と魔法使いの杖と一緒に記念撮影しておしまい
写真は1500ゴールド(実際にこう言ってくれます)で買えますよ。
我が家はせっかくなので1500ゴールド払いました(笑)


全体の感想と子供たちの反応

まずは全体の感想ですが、ドラクエファンならニヤニヤする場面やセリフが多々あるので楽しめると思います。
王様のくだりなんて、絶対に楽しいのでドラクエの世界を満喫出来ますよ。
各キャラには積極的に話かけた方が楽しめますね。

バトルに関しては、ちょっと難しいというか、コツが必要かな。
特に最後の竜王戦は何してるか分からないうちに終わっちゃいました
僧侶だったのでベホマラーとか発動したかったけどモニターにはベホイミしか出なかったし、負けたのは技を理解してなかった僕のせいかも(笑)

あと、竜王などはデジタルではなく実際に巨大フィギュアが置いてあって戦うんですが、迫力満点の代わりにモニターが個人用になってしまい、全体のキャラのステータスが見えないので戦いにくかったですね。
せっかくのパーティプレイだったのに、その辺りはもったいないかな。

子供たちの反応ですが、息子はかなり楽しんでくれた模様。
やっぱり男の子はこの手の王道冒険ファンタジーはハマりますよね。

一方の娘は薄暗いアトラクション内、竜王などの本格的なモンスターにお化け屋敷的な要素を感じてしまい、終始ビビってました
まあ、バトルの時は頑張って武器を振り回してましたが(笑)
なのでお化け屋敷が苦手な子は少し嫌がるかなあと思います。

バトル自体は単純なものなので小1くらいなら問題なさそう。
ただ、4人パーティなので親が横についてアシスト出来ないので、その辺りは1人で頑張ってもらいましょう。

全体的にはドラクエ知らないお子さんや大人も楽しめると思います。
が、ドラクエ知ってるとより楽しめる印象かな。
ぜひ行く前にドラクエ1をプレイしておくと良いかも知れません。


今日のまとめ

ということでドラゴンクエスト・ザ・リアルのご紹介でした。
いやあ、満足しました。子供たちも楽しんでくれたので良かったですね。
でも、負けちゃったのが残念です。
次はぜひとも勝ってエンディングを迎えたいなあ。
開催期間は9月3日まで。行ってみたいという方はお早めに!!


スポンサードリンク

-お出かけ, 子供向けイベント, 遊園地

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。