興味がないと思っててもジワジワとハマる!? Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)でARMSはじめました!

興味がないと思っててもジワジワとハマる!? Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)でARMSはじめました!

格闘ゲームは苦手なnovです。こんばんは。

ストIIとか友達にボコボコにされてたタイプですよ(笑)
そんな僕がスイッチ用の格闘ゲーム「ARMS」を買いました。
まあ、僕がどうしてもやりたいと言うよりは子供たちと一緒にやると楽しいかなあと思いまして。
スイッチ買ったはいいけど、ゼルダはちょっと大人向きだし、1-2-Switchはすぐに飽きちゃうから子供たちはやるゲームあんまりなかったし、楽天ポイントが貯まってたので買っちゃいました。

最初、「ARMS欲しい?」と聞いても「いらん」と言ってた息子(小4)。
さて、その反応やいかに!?

ちなみにまだネット対戦まで行ってない時点でのファーストインプレッションです。

ARMS ファーストインプレッション

直感的に操作できる いいね持ちが良いね!

ARMSは基本的に格闘ゲーム。
格闘ゲームといえば反射神経と複雑なコマンドをいかに早く入力するかで勝負が決まるので、それ系の操作が苦手な人や子供はあまり得意じゃないですよね。
でも、ARMSは任天堂のゲームらしく、その辺りが苦手な人でも楽しめるようになってます。
その中でも特徴的なのがジョイコンのいいね持ち

ARMS

※画像は公式ページより引用

左右のジョイコンを縦に持って、自分がモーションを繰り出すことによってキャラを操作します。
右パンチの時は右手を出す、左手の時も同じ。移動する時も同じくジョイコンを行きたい方向に倒すだけ。
ジャンプなどの一部操作以外は基本的に直感的に操作出来ます

これがかなり面白いんです。
キャラと一体感が出るといいますか、自分が闘ってる感じになるといいますか。

複雑な操作も必要ないので、息子もすぐに基本動作はマスター。

ARMS

横で見てる娘と一緒にキャーキャーいいながら操作しておりました(笑)

この手の操作はWiiの時からあって結構すぐに飽きが来るんですが、ARMSには合ってる感じがしますね。
ジョイコンの進化もスゴイし。
ただ、予想どおりにこの操作はかなり疲れます(笑)
モーションセンサーが優れてるので、少し動かすだけで反応してくれるんですが、どうしても画面見ながらだと大げさにパンチを繰り出してしまいます。
親世代はこの操作でずっとというのはキツいかも知れません(笑)

家族で対戦がアツい!

ARMSはスプラトゥーン同様にネット対戦が主流のゲーム。
まだ僕はネット対戦を解放出来てませんが、格闘ゲームが苦手なのに購入に踏み切ったのはネットに繋がなくても遊べる対戦モードが遊べるから
スプラトゥーンは一部対戦モードもありますが、基本的には1人でネット対戦で遊ぶゲーム。
対してARMSはジョイコンさえあれば4人まで対戦できるんです。
これがまたアツいんですよ!

ARMS
これは息子と僕が対戦してる時の画像。
ネットで対戦相手みつけなくても、家族や友達とその場で対戦出来るってのは、なんだかんだで盛り上がりますよ
まあ、昔のゲームってのはそれはが当たり前だったんですけどね、今はネット対戦が主流になっちゃったからこの楽しさを忘れがちですよね。
ちなみに、一足先に遊んでた息子に対して操作方法も分からずに相手した父ちゃんは、コテンパンにやられたのは言うまでもありません(笑)
こっちから「もう一回やろうぜ!!」とお願いしちゃいました。ほんと、アツい!

また、僕も勘違いしてたんですがARMSで複数人プレイする時はジョイコンを買い足さないといけないと思ってたんですよね。
でもいいね持ちで操作せず、ジョイコンの片方づつをコントローラーとする「おすそわけプレイ」で遊ぶなら、特にジョイコンを買い足す必要はありません
ジョイコンセットって確か8,000円くらいするので、買い足すのは躊躇してたんですよね。

ARMS

コントローラーでの操作は少し難しいですが、それでも気軽に対戦を楽しめるので楽しいですよ。

上手くなるには若干の慣れが必要

で、僕がいいね持ちやジョイコンおすそわけモードで遊んでみた感想ですが、少し操作には慣れが必要かなあと思います。
パンチや技は直感的に繰り出せるからいいとして、移動は意外に難しいと感じました。
移動がいまいち分かってないから、移動せずにパンチだけ繰り出すノーガード戦法みたいな戦い方になっちゃうのですぐにKOされちゃいます(笑)

ARMS
ただ、パンチを伸ばして攻撃するという特性上、技を出してからヒットまで時間がかかるから、他の格ゲーみたいに何が何だか分からないうちに攻撃されて終わったってことはありません。
この時間差が僕みたいなライト勢には嬉しいかも。

とか言いながら、ネット対戦が解放されるグランプリレベル4は今のところ歯が立たないのですけどね(笑)

ARMS

この辺りのクラス、さらにネット対戦で勝とうと思うと操作性に慣れて自由自在に操れるようにならないとダメなんでしょうね。
ちょっとハードル高い気もしますが、楽しみながら頑張ってみようかな。

興味がないと言ってた息子の反応

最後に、ARMSなんか別にいらんと興味がなさそうだった息子の反応。
予想通りに、めっちゃハマりましたよ(笑)

ARMS

プレイしてる間中、ずっと笑ってますもん。
この辺りはやっぱり任天堂のゲームって素晴らしいなと思いますね。
ただ、この反応がネット対戦になってコテンパンにやられるようになっちゃったらどうなるか分かりませんけど(笑)

僕も自分用というよりは子供たちがスイッチで遊べるようにと購入したのであまり興味なかったのですが、やってみるとジワジワとハマります
今までの格闘ゲームと違って新感覚なので、やってみた操作が上手くいった時の爽快さとか、単純に負けた時の悔しい感じとか。やっぱり楽しいですよ。


今日のまとめ

ということでARMSのファーストインプレッションでした。
まだまだ、ほんの少ししか遊んでませんが、スプラトゥーン同様に任天堂の新しい顔になるかも知れませんね。
来月にはそのスプラトゥーン2が出るので、その後の人気がどうなるかは少し心配ですが、スプラトゥーンと違った感覚で楽しめる対戦ゲームであることには間違いありあません。
スイッチの機能も存分に味わえるので、スイッチ持ってるなら持っておくべきソフトの一つだと思います。面白い。
家族や友達とワイワイ楽しめるソフトなので、スイッチ持ってる人ならぜひオススメします!

エンタメカテゴリの最新記事