iPhone アップル エンタメ ゲーム

便利なアプリ?それとも迷惑? 「Nintendo みまもりSwitch」を使ってみた感想

ゼルダが面白すぎて寝不足気味になってきたnovです。こんばんは。

偶然ニンテンドースイッチが店頭に並んでるのを見つけて衝動買いして以来、親子で日々楽しんでおります。
そんな中、スイッチ用のアプリ、みまもりSwitchなるものがあることに気付きました。
とりあえず入れて使ってみたので感想をお届けします。


Nintendo みまもりSwitchを使ってみた感想

Nintendo みまもりSwitchとは

みまもりSwitchとは、どんなもんなのでしょうか。
ご存知ない方はこちらの公式動画をそうぞ。



そう、アプリを入れてスイッチと連動させれば、離れた場所からでも今どんなゲームがスイッチで遊ばれてるか、何時間遊んだかなどを確認することが出来るのです。
さらに遊ぶ時間を設定しておくことによって、スイッチ側にアラームを鳴らすことも出来るし、強制的に終了することも可能。
そしてSNSなどを利用できなくする制限機能もついています。

とまあ、かなり便利な機能が付いているみまもりSwitchですが、そう感じるのは親だけであって、見守られる側の子供にとっては悪魔のアプリと言えそうですね(笑)


各種設定、機能について

まあ、ともかく一度使ってみようということでアプリをダウンロードしてインストール。

Nintendo みまもり Switch
Nintendo みまもり Switch
無料
posted with アプリーチ

スイッチ側と連動させて使ってみました。
ちなみに設定自体は誰でもできる簡単なものだったので、ここでは割愛します。
あ、でもニンテンドーアカウントが使えるようになってること前提ですよ。

まずはゲームの使用状況

みまもりSwitch

なるほど、こうやって見えるんですね。
これは子供が遊んでたものではなく、僕がプレイしたゼルダですが、日をまたいで2時間くらいやってたので、それも丸わかりですね(笑)
ずっと使っていけば月ごとの使用状況なども教えてくれますよ。

このアプリの目玉ともいえる機能、1日に遊ぶ時間の設定画面はこんな感じ。

みまもりSwitch

曜日ごとに時間を設定出来る上、子供にとっては悪魔の機能である「ソフトを中断する」もありますね。
何気に その日はあそべなくなります なんて書いてあるのがスゴい(笑)

こちらは制限レベルの設定画面

みまもりSwitch

ウチの子は小4男子と小1女子なので、基本的に小学生の制限をかけています。
制限するソフトとかはともかく、コミュニケーションやSNSの投稿とか制限出来るのはいいですね。

基本的な機能は大体こんな感じですかね。


どう使うかは親次第

少し使ってみた感想ですが、まず思ったことは「便利な世の中になったもんだなあ」です(笑)
職場からこのアプリを通して子供たちがどのくらいゲームしてるのかを分かるなんて、自分が小学生だった時代には想像も出来ませんでした。

親目線でこのアプリを見ると確かに便利です。
ゲームをやり過ぎてる場合は後から注意も出来るし、アラーム機能を設定しておけばリアルタイムで注意喚起出来ます。
そして機能制限も便利。
小学生くらいだとまだまだネットの怖さを知らないので、SNSや他人とのコミュニケーションを制限出来るのは良いなと思います。

ですが!
子供目線でこのアプリを見ると迷惑極まりないでしょうね(笑)
親がいない時に羽を伸ばしてゲームを楽しんでる時にアラームが鳴って注意され、最終的には強制終了されるかも知れないなんて、なんて恐ろしいアプリなんでしょうか。
自分が小学生の頃にこんなことされたら、絶対に怒りますね(笑)

結局のところ、この手の便利なアプリをどう使うかは親次第なんでしょうね。
ゲームは1日1時間と決めたなら、このアプリを使って厳密に守らせる。それも良いと思います。
子供たちも親と約束した以上、守ってないと無条件でゲームを中断されるとなると思うと約束もちゃんと守るでしょう。

でも、僕はそこまでは使わないかなあ。
多分アラームも使いません。
自分の経験上、親の目を盗んでするゲームの楽しさを知ってるから(笑)

元々、僕は子供にゲームは禁止しない派。
一応、子供に1日1時間くらいにしておいてねとは伝えていますが、目が悪くなるかも知れないという理由がメインです。
宿題などやることやって、時間が余ってるのであれば、別に2時間くらいやってても良いかと思うんです。
実際、息子が友達呼んで遊んでる時は3時間くらいやってる時ありますが、そこで制限かけるよりは友達と一緒にゲームして楽しかったという経験の方が大事だと思うし。
そんな考え方ならこのアプリいらんやんということになっちゃいますが(笑)

あとは子供のタイプにもよるかなあ。制限かけないとずっとゲームしちゃって宿題もやらなかったり、寝る時間が極端に遅くなったりする子、何度言っても約束守れない子などは、このアプリも有効かも知れません。ちなみに我が家は息子はやることやってからゲームするタイプ、娘はずっとゲームしちゃって他のことやらないタイプです(笑)

まあ、どちらにしてもこのアプリを使ってどうするかは親次第ですね。
決めた約束を守らせるために使うのも良し、プレイ状況を知っておきながら何も言わずに子供を手のひらの上で遊ばせておくのも良し
どちらも正解なんじゃないかなと思います。


今日のまとめ

と言うことで みまもりSwitchのお話でした。
便利なアプリなのは間違いないですね。ほんとスゴい。
この機能、iPadなんかでも出来ないかなあ。
実はSwitchなどのゲームよりは、子供たち、特に娘のiPad依存が最近ひどい状況でして。
暇あればYouTubeばっかり見るようになってるんですよね。
ゲーム同様に基本あんまり制限してないんですが、流石に目に余るようになって来まして・・・ほんと、強制終了欲しい(笑)
まあ、その話は別の機会で。
とにかく Nintendo みまもりSwitchは便利なアプリであることは間違いないですよ!


スポンサードリンク

-iPhone, アップル, エンタメ, ゲーム

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。