Mac アップル

え!修理出来ないの!? MacBook Pro Late 2011 のロジックボードが既にパーツ供給終了の衝撃

パソコンはずっとMac派のnovです。こんばんは。

先日、我が家の母艦たるMacBook Proが突然壊れました。いろいろ試してみたのですが今は起動すら出来ない状態でして。
さあ、困ったということで原因の究明から復旧を目指してたんですが・・・
今回はその辺りの顛末をお届けします。
あ、結論だけ申しますと解決出来てませんので、もし同じ症状でここに辿り付いた方のお助けにはなれないかもです・・・

ちなみにマシンの情報は以下の通り。

MacBook Pro 15インチ Late 2011
OS 10.9 Mavericks
2,4GHz / i7 / HDD750GB / メモリ16G


MacBook Pro が壊れた

画面がブレる症状が発生

ある日、iPhoneの動画をMBPに取り込んでたら、突然画面がおかしくなりました。
モニター内で画面の左端がずれて右側に現れてしまったんですよね。
なんだこれと思ってとりあえずMBPを再起動。
するとこんな画面になりました。

MBP

リンゴマークがダブって見えるでしょ?
そう、画面がブレるんですよ。それに全体にノイズ?のような線が入ってます
古いテレビとかによくあった症状ですよね。
最初はそれでもこのブレた状態で立ち上がってたんですが、その後起動しなくなっちゃいました

これはいよいよ大事だということで、PRAMリセット、SMCリセット、セーフモードからの立ち上げ、リカバーモード、シングルユーザーモード、インストールディスクからの起動など、考えられることを実施。
一度起動したので、その隙にタイムマシンでデータをフルバックアップとれたのが救いですが、一旦電源を落とすと全く起動しなくなりました。見るのはブルースクリーンとグレースクリーンばかり・・・
ああ、MBPが壊れてしまった・・・


原因はMacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム

もう、これは素人の手には負えないとネットで調べてみると、ぴったりの症状が出てきました。

MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム

これだ!!しかもAppleから無償修理の対象になっている現象らしく「ああ、良かった!」と思ったのも束の間、なんと対象は購入から4年以内、もしくは2016年12月末までの長い方と書いてあるじゃないですか。
僕の愛用のMBP Late 2011 はどちらも対象外
残念ですが無償修理は出来ないと分かりました。


ロジックボードの提供終了

まあ、この際、ある程度の修理費用はかかっても仕方ない。そう思いもう少し調べてみることに。
この現象はほぼ間違いなくロジックボードの故障のようです。
仕事上でお世話になってる某Apple正規代理店の担当の方に相談し、もちろん有償でいいので修理を依頼してしてみました。
すると衝撃的なお返事が・・・

サポート担当にいただきました情報にて確認をいたしました。
症状からほぼ間違いなく、ロジックボードの故障であると推測できるそうですが、残念ながら、Appleのパーツ供給終了対象となっておりました。
結果、大変申し訳ございませんが修理対応が不可となります。


な、な、な・・・ なんだって!?
もうAppleがパーツ供給終了してるだって!?

いや、確かに販売から5年以上経過しているモデルとはいえ、性能面においてもまだまだ現役といってよいマシン。
僕はソフトの関係でOSを最新のものにしてませんでしたが、もちろん最新OSも動くであろうマシンのパーツが既にないの!?
しかも、リコールみたいなのかかってたモデルのパーツなのに5年経過したらもう作らないとか・・・
いくらなんでもApple酷すぎやしませんかね・・・ 異常なかったモデルならまだしも無償修理に踏み切るくらいのパーツはもう少し残しておいてくれても良いんじゃないの。

まあ、ないものは仕方ないと思い、近くの正規、非正規含めたMacの修理に強いお店に問い合わせてみるものの、返事は同じ。
程度の良いロジックボードが手に入らないので修理を受け付けられません

おいおい、壊れてなければまだまだ現役で使えるMBPをここで諦めないといけないのですか・・・
Apple ひどいよ・・・


買い換えか、独自で修理するか

正直、ちょっと呆然としてしまったのですが、やっぱりパソコンがないとちょっと困るのです。
子供たちの画像データや動画データの管理はもちろん、夫婦ともども自宅で仕事することもありますし。
となると方法は2つ。

買い換えるか独自で修理するか

独自で修理する場合は、オークションなどで同型のMBPのロジックボードを探して移植するしかありません。
が、僕は自他共に認める不器用人間。ロジックボードが運良く手に入ったとしてノート型のロジックボードの取り替えなんて絶対に出来ない自信があります(笑)

となると残るは買い換え
正直、今回の一件でApple ちょっとヒドいなと思ってるし、持ってたMBPと同等のMacは中古でもまだ高価(10万くらい)なので、もうWindowsに乗り換えちゃうかとも考え中。

ただ、そうなると仕事で使う様々なソフトも新しく買うことになりそうだし、何より保存してる子供たちの画像データや動画データはiPhotoやiMovieのものだしWinに持って行くには面倒なことになりそうですし・・・
結局はリンゴの呪縛からは逃れられないのか・・・

今の所具体的に検討してる買い換え案は次の通り。

  • MacBook Air 中古
  • 会社で使ってててもうすぐお役御免になるiMac(27インチ、Mid 2010)の買い取り
  • Windows ノートパソコン

MBAはMBPの中古に比べると比較的新しい年式でも安いみたいなのでまだ手に入れやすそう。
ただ、僕が使用してたMBPはHDD750GBだったので、MBAでは明らかに容量不足。容量不足は持ってる外付けHDD(3TB)で何とかするとして、スペックも落ちるのが難点かな。

会社で今使ってるiMacはもうすぐ新型に入れ替わる予定なので、これを売ってもらうのもありかなと思ってます。
ただ、元々リース品だったので買い取りが出来るか、その値段がいかほどか、そもそも会社が個人に売ってくれるかなど諸問題があって現在調査中。
ノートでないのもちょっと自宅で使うには場所も取りますしね、なんてったって27インチ。

最後のWinノートは、Macを買うことを考えれば比較的安いですよね。予算的、今後のことを考えればこれが一番現実的な気もします。


今日のまとめ

突然のMBPの故障、そして修理不可の現実・・・
ホント、バックアップを取るということの重要性を改めて教えられました。
まだ解決してないけど(苦笑)

今のところは会社で使用してるiMacを安く手に入れられるならこれかなあと思ってます。
ただ、iMacの27インチはデカいしなあ。出来ればノートがいいんですが・・・

ともかく早いことこの問題をクリアしなければ。
どれにするにも予定外の出費。困ったもんですねえ・・・


スポンサードリンク

-Mac, アップル

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。