お出かけ インドア 子供向けイベント

京都・新京極にヒョウがいるジャングル出現!? 子供と一緒に京都ひょう猫の森に行って来た!!

猫よりは犬派のnovです。こんばんは。

京都の繁華街である新京極通り。そこに変わった施設がオープンしていると聞いたので娘と一緒に遊びに行って来ました。
そこは京都ひょう猫の森!
新京極なんて大分遊びに行ってないけど、いろんな施設が出来てるんですね。


京都ひょう猫の森に行って来た

京都ひょう猫の森とは

今回、娘と行って来た京都ひょう猫の森とはベンガルキャット専門の猫カフェです。
ベンガルキャト・・・詳しくないのですが、野生の猫ではなく1970年代のアメリカで交配によって生まれた猫で、その最大の特徴はヒョウのような見た目なんだそうです。
そんなベンガルキャット専門の猫カフェが京都にあるとは知りませんでした。
まあ、公式サイトによると同じ京都の嵐山をはじめ、全国に数店舗を展開されてるチェーン店なんだとか。

また、別に書きますがフクロウカフェや豆柴カフェも運営されているようですね。

で、新京極のお店はこの辺り。



マップ上ではフクロウの森になってますが、場所は同じところです。
四条通側から新京極に入って50mくらいのところに。
入り口はこんなに分かりやすいので迷わないと思います(笑)

京都ひょう猫の森

入り口への通路もすでにジャングルっぽくなってて雰囲気ありますよ。

京都ひょう猫の森

猫大好きな娘はこの時点でワクワクが止まらないようでした(笑)


お店のシステム

お店のオープンは午前11時。一番乗りでお店に入りましたよ。
靴を脱いで中に入ると店員さんから利用にあたっての注意を説明を受け、手を消毒すればいよいよ遊ばせてもらえます。
基本的な利用時間は30分で、自販機によるワンドリンク付きです。

お店の中は縦長になっていて、ジャングルや森を連想させるような造りになっています。

京都ひょう猫の森

店内にテーブルや椅子はなく地べたに座って楽しむスタイルですね。

猫もこんなにいるみたいですよ。

京都ひょう猫の森

正直、どの猫がどの子かまったく分かりませんでしたが(笑)

そして利用料金ですがこんな感じ。

京都ひょう猫の森

30分780円(大人)は普通の猫カフェよりは少し高めですかね。まあベンガルキャット専門だけにこんなもんかなとは思いますが。
ちなみに近くにフクロウの森、豆柴カフェもあるので、複数利用するなら10%の割引を受けられますよ。


つれない態度もとにかく可愛い!!

ここからは、ただただひょう猫が可愛いだけを書いて行きますよ。
猫好きな娘はもちろん、犬派の僕もメロメロです(笑)

京都ひょう猫の森

水を飲んでるだけでも可愛い。

京都ひょう猫の森

足下ばかり気にしてたら頭上にも気配が・・・

京都ひょう猫の森

これなんてまさにヒョウ。

京都ひょう猫の森

それを見上げる猫たちも可愛い。

京都ひょう猫の森

草から顔だけだしてるのもたまらん可愛い。

京都ひょう猫の森

呼んで相手してくれなくても可愛い(笑)

京都ひょう猫の森

猫同士でじゃれ合ってるのも可愛い。

京都ひょう猫の森

とまあ、可愛いしか出てこないわけですよ(笑)

あまり猫カフェに行った経験がないので分かりませんが、イメージ的にもっと膝の上に乗ってきてくれたりするのかなと思ったけど、それはあまりなかったですね。
多くは近づくとちょっと距離を置くみたいな態度でしたが、中には近づいてきてくれる猫もいてなでたりはできました。

京都ひょう猫の森

ただ、愛想はあんまりないです(笑)

とにかく猫好きな娘は大満足。
「かわいい、かわいい」を連発しておりました。
ルールとして追いかけたり、無理に抱っこするようなことは禁止なので、基本眺めてたり、一部の猫をなでたりするくらいでしたが、ベンガルキャットのかわいさに親子でやられた感じです。

あっという間の30分でした。娘なんて出た瞬間にもう一回入ろうよと言ってました(笑)


混雑具合

ウチが行ったのは日曜の午前11時頃。
1番に入ったのですが、その10分後くらいには女性2人組が、僕たちが帰るころにも女性2人組が来られてました。
中がそんなに広くないので、多分10人も入っちゃうと人数制限がかかっちゃうと思うのですが、お店の人によると今はそこまで混雑することも少ないんだとか。

それよりも近くに出来た系列店の豆柴カフェの方が大人気らしく、店員さんにも両方ご利用なら豆柴カフェから先に行った方が良いですよとアドバイスされました。
なんでも、豆柴カフェは整理券が出るほどの人気でチケットがなくなってしまうこともあるうえに、夕方などの時間帯だとワンちゃんも疲れちゃうのでということでした。
それ聞いて一度は豆柴カフェに並びに行ったのですが、猫派の娘が豆柴よりも猫!と言い出したので戻ってきたのですが(笑)

もう一つのフクロウの森もそんなに混雑はしてないようなので、ひょう猫の森と合わせてそんなに焦って早い時間に行かなくても大丈夫のようです。


今日のまとめ

ということで新京極のジャングルにあらわれたヒョウ、京都ひょう猫の森に行って来ました。
猫好きはもちろん、そうでない人も楽しめること間違いありません。
贅沢をいえば、もう少し人なつっこければ良かったのですが、そこはご愛敬(笑)
京都の繁華街のど真ん中である新京極でこんな癒やしの空間があるとは思いませんでした。
子供も大満足なの間違いないですし、屋内施設なので雨の日に遊びに連れて行くってのも手ですよ。
オススメです!


スポンサードリンク

-お出かけ, インドア, 子供向けイベント

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。