【カメラ初心者】SONY α6400 はジュニアサッカーの撮影に向いてるか

【カメラ初心者】SONY α6400 はジュニアサッカーの撮影に向いてるか

最近、息子のサッカーの試合はビデオよりカメラ撮影が楽しいnovです。こんばんは。


SONY α6400を購入して2ヶ月と少し。
最大の目的は息子のサッカー写真を撮ること。ここ最近は撮りまくっておりましたので素人目線ではありますが、α6400がジュニアサッカーの撮影に向いてるかどうかの感想をお届けします。


α6400 で子供のサッカー写真を撮る


驚異のオートフォーカス性能


α6400

子供の撮影、特にサッカーなど動きがある場面での撮影ってのは難しいですよね。
ファインダー越しに子供を追いかけても不意な動きについて行けませんし(笑)
特にサッカーなどでは自分の子だけでなく、相手チームの子なども含めファインダー内に何人も被写体が入ってしまい、思ったところにピントが合わないなんてことも・・・

でも、α6400は噂通りのオートフォーカス性能で、ここだと思うところにピントを合わせてある程度はキープしてくれます。
例えば周りに誰もいない場面で自分の子にピントを合わせておけば、その後に他の子が近づいて来ても基本的にはそのまま追いかけてくれます。
この性能が他機種より優れてる感じがしますね。



事実、他の方からSONY α の上位機種をお借りして撮影してみたのですが、ピントが合うスピード、捕まえたら離さない感じはα6400の方が上じゃないかなと感じました。

お陰で、特に腕もないのにそれっぽい写真が撮れて満足してます(笑)


Aモードで撮影するとそれっぽく写せる(笑)


僕は初心者なのでまだまだマニュアルモードは使えません(笑)
なので、最初は動きがある被写体を撮影するのにオススメなSモード(シャッタースピード優先モード)で撮影してました。
もちろんSモードでもバッチリと綺麗に写せるのですが、なんとなく背景までくっきりと写ってしまって一眼で撮った感じにならないんですよ(笑)

で、ある時期にAモード(絞り優先モード)で撮影したところ、後ろの背景などがボケてそれっぽい写真が撮れました(笑)
Aモードでもオートフォーカスの性能が良いのでピントも合わせてくれるし、激しい動きがあるシーンでもそれなりに撮れます
ほんと、カメラ性能に助けてもらってます(笑)

ここでド素人の作品でも見ていただければ一番分かりやすいと思うんですが、チームユニフォームやら他の子も写ってたりするので止めときます。
まあ、実は大した写真じゃないのが一番の理由ですけど(笑)


ダブルズームレンズキットでは物足りない


ここまで良いことずくしのことを書いてますが、不満点もあります。
それは今回購入したダブルズームレンズキットの望遠レンズ、SEL55210 E 55-210mm F4.5-6.3 OSSではちょっと物足りないということ。

α6400

サッカー撮影時において迫力ある写真を撮ろうと思うとピッチサイドから撮るのが最適ですよね。
近づければ近づくほど子供の表情なども納められるので良い写真が撮れます
が、チーム関係者でもなければピッチサイドまで近づくことは不可能・・・(たまに保護者でもガンガン行く人いますけどね、苦笑)

そうなると望遠レンズで狙うことになるんですが、ダブルズームレンズキットの望遠レンズでは遠くの子をアップで写すのは不可能です。
例えばピッチサイドから5mくらい離れた場所、センターライン付近くらいから撮影しても反対側のサイドにいるサイドハーフの子とかはアップでは狙えません。最大望遠にしてもちょっと難しい。
イメージ的にはこんな感じのサイズ感が限界ですかね。

α6400

※画像はイメージです。実際に撮影したものではありません。

もちろんこのサイズでもOKです。が、いろいろ撮影していくにつれてもう少しアップで表情撮りたいなあなんて欲が出て来るんですよね(笑)
このくらいのサイズ感とかかな。バストアップで表情とかも撮影したい。

α6400

※画像はイメージです。実際に撮影したものではありません。

α6400のSEL55210レンズでも手前のサイド、中央付近に来てくれるともちろん撮影可能ですが、遠目の子はやっぱり難しい。
そうなるともっと望遠で撮影出来るレンズが欲しくなるところですね。
ただ、これ以上の望遠レンズを望むならフルサイズのα7とかの方が良いのかなとも思うので、α6400のダブルズームレンズキットでそこまで望むのは違うのかも知れません。


結論


で、α6400はジュニアサッカーの撮影に向いているかということですが、向いていると僕は思います。
望遠レンズのことは少し不満もありますが、まあ、それはより良い写真を撮りたいという部分であって、問題なく撮影出来ると思います。

特にオートフォーカスは優秀で僕のような素人の大きな助けとなってます。
ピントはある程度カメラが助けてくれるので、あとは連写しとけば何枚かは良いのも撮れますよ(笑)
そういう意味では初心者の大きな味方となるカメラだと言えますね。

ジュニアサッカーの撮影を主目的にα6400を購入すること、僕は大いに有りだと思います。オススメです。



今日のまとめ


本格的にサッカー撮影しようと思うと、もっと高性能なフルサイズ一眼が欲しいところなのは事実だと思います。
実際にジュニアサッカーでも、どこのプロですかというスゴいカメラをお持ちの保護者の方も少なくないですし、正直なところ憧れます(笑)
ただ、レンズに数十万もするレベルのものは我が家では手が出ませんし、そう思うとα6400に限界はあると思いますがコストパフォーマンスを考えるとかなり優秀なんじゃないでしょうか。
あとは腕でカバーですよ!そんなのないけどね(笑)






カメラカテゴリの最新記事