健康

マイコプラズマ肺炎だった僕が完治するまでに使ったもの教えます!

2014/09/06

先日やっと病院に来なくても良いよ宣言を受けたnovです。こんばんは。

5日ほど前のことですが、病院に検査結果を聞きに行って「もう大丈夫でしょう。診察は今日で終わり」と言って貰えました。
あ、一応マイコプラズマ肺炎だったんです。多分。
その時の経緯はこちらをご覧下さい。

かかりつけ医の存在は大切だってお話

いやあ、長かったです。
発熱より2週間、咳が出始めたところまで遡ると2ヶ月ほど症状が残ってましたしね。

そんな僕が完治するまでの使ったもの、かかったものをザックリと備忘録も兼ねましてお教えします。



 

スポーツ飲料15リッター以上

基本的に39度の発熱、そして食欲の減少などから、主に摂取してたのはスポーツ飲料です。
飲んでたのはポカリスエット、アクエリアス、スーパーH2Oってとこでしょうか。
個人的にはH2Oが飲みやすかったなあ。
他の2つは甘みがあって、飲み続けると飽きてくる感じでした。

1
 

1,5リッターサイズを買い込んで来てもらい、500mmのペットボトルに小分けして飲んでました。
単純に一日1リッター以上のペースで飲んでたと思います。
まさに命の水。


感染を予防するマスク

次にマスクです。
家の中で隔離してたとはいえ、やはり家族にうつす可能性は低くありません。
どうも肺炎も飛沫感染するらしいので、室内でも基本的にマスクをして過ごしてました。

2
 

もちろん治ってきた今でもマスクして会社行ってます。
使った数は・・・正直分かりません。
まあ、一日1枚ってとこでしょうか。


汗拭きタオル

発熱しては解熱剤を飲むというイタチごっこ的な生活をしていたのですが、解熱すると一気に汗が噴き出ます。
その間に寝てたりするもんですから、気がつけば全身汗だく・・・
なのでタオルは必須でした。

枕にしいてたもの、身体を拭くもの、そして家族に感染を避けるための自分用のタオル。
結構使いました。


貴重な時間

今回の肺炎騒動で僕が会社を休んだ日数は合計で5日。
途中で出勤もしてたり、週末を挟んだりしたのでこの日数でした。
休日だった日も合わせると、合計9日ほど寝込んでた計算です。

このウチのほとんどは寝てました。
正直、貴重な時間を・・・とは思いますが、まあ仕方ないですね、これは。


何はともあれ診察費がかかりました

今回、僕が病院に行ったのは合計5回。
最初はマイコプラズマ肺炎ってのが分からなかったので各検査、他の薬の投入など色んなことやりました。
確か、インフル検査×2、血液検査×3、レントゲン×3くらいはしましたね。

で、その診察費用ですが、約3万円弱!

もちろん薬代も入ってますが、こいつが一番痛かった。

ということで、ザックリとマイコプラズマ肺炎を治すまでの使ったものが以上です。
ホントはもっと細かいものはいっぱいあったんでしょうけど。

結論としては健康を損なうとお金がかかるとうことですね。
やっぱり家計にも自分にも健康が一番ですね!

スポンサードリンク

-健康

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。