iPhone アップル

2年を超えると必ずバッテリーが劣化する!? iPhone 4s のバッテリー交換に悩む

iPhone 5sに変えようかまた悩んでるnovです。こんばんは。

6まで待とうと心に決めてたのに、また5sに心が揺れてるんですよね。
そのきっかけは「バッテリーの寿命」・・・
そう、愛用の4sのバッテリーが2年を超えて目に見えるレベルで劣化してきたのです・・・

見る見るバッテリー残数が減っていくのはもちろん、残りが20%以上あるのにシャットダウンしたりするようになったんですよね。
もちろん、Wi-Fiをオフにしたり位置情報を控えるなどのバッテリー対策はしてますよ。
長時間持ち歩くには厳しい状況になってきました・・・


iPhoneの充電回数は400回!?

なんでもアップルによるとiPhoneの充電回数は400回が一つの目安なんだそうです。
もちろん4sや5、5sなどのモデルによって変わるとは思いますが、大体はその回数が目安なんだとか。

それを超えてくると100%の充電は出来なくなるそうです。
大体80%くらいが限界らしい・・・

iPhoneバッテリー  

400回の充電というのは、物理的に電源コードを400回繋ぐということではありません。
0%から100%への充電を1回として数えるようです。

例えば完全に使いきって0%になったiPhoneを100%にすると1回。
0%を70%までに充電し、その後70%から100%まで充電したとしても1回とカウントするらしいです。
要するにどの時点から充電したとしても累積で100%に達すれば1回として数えるということですね。

ということは400回が目安とすれば、40000%分の充電が可能ということですね。
一日に70%くらいを平均して充電するとすれば571日で到達、50%くらいの充電だと800日で到達する計算です。

2年が730日なので、まあ平均して1日55%の充電すると2年でバッテリーがヘタリ始めるということですね。
まあ、僕も多分そんな感じですね。



Appleでのバッテリー交換は7,800円

このバッテリーの劣化は避けようがありません。
2年くらいでこうなるってのは、各キャリアの2年縛りとピッタリだし丁度良いといえばそうなんですが、4sを気に入ってる僕としては出来れば長く使いたい。
で、6になった時に乗り換えたい訳です。

そうすると方法は一つ、バッテリー交換
Appleでは交換サービスを行っているようです。

iPhoneバッテリー  

価格は税込み、送料込みで7,800円
Appleに申し込んで約1週間ほどで交換してくれるそうです。
Apple Storeに持って行けばその日にしてくれるようですが。

この金額が高いかどうかは微妙なとこですよね。
また2年以上4sを使い続けるなら迷うこともありませんが、6に乗り換えようと思ってる僕からするとあと1年あるかないか・・・
迷いどころですね。

この他にも自分で分解してバッテリー交換する方法もあるようです。
それならAppleでの交換より格安で出来るようですが・・・
僕的にはないかなあ。

→ 修理サービス Q&A センター – iPhone




結論!待ちで!

なかなか結論は出ないんですが、もう少し様子を見ようと思います。
デジカメ代わりに長時間使ったり頻繁にゲームなどをするとキツいところではありますが、外で長時間使う時は安価な予備バッテリーで凌ぐのもありかなと思います。

5sへの機種変更も捨てがたいけど、やっぱり6を待ちたいんですよね。
なんとかそれまで4sを持たせるぞ!多分(笑)

スポンサードリンク

-iPhone, アップル

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。