Mac アップル

子供たちのデジタルデータ保存してますか?バックアップ用に「BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク 3TB HD-LC3.0U3/N」を買いました

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク 3TB HD-LC3.0U3/N
新しいMacBook Airが気になるnovです。こんばんは。

現在、僕はハードディスク容量750GBのMacBook Pro を母艦として使ってます。
が、気がつけばハードディスクは子供たちのデジタルデータでパンパンに・・・
500GBの外付けハードディスクを持ってはいたのですが、これじゃ足りないじゃない・・・
ということで、新しくバックアップ用に外付けハードディスクを購入しましたよ。


3TBの大容量外付けハードディスク

子供たちの動画や画像データをバックアップするために

我が家は7歳の息子と4歳の2人の子供がいます。
何だかんだで写真もいっぱい撮るし、ハンディやiPhoneで動画も結構な頻度で撮ってます。
それを丸々Macに取り込むのですが、動画や画像はかなり容量を食いますよね。
僕のMBPも気がつけばこんな感じに。

外付けハードディスク
残り1.2GBって・・

容量を確保しなきゃならないのはもちろん、撮り溜めたデータをDVDに焼いてる訳でもないので、突然Macがご臨終になったら・・・
今までもバックアップは取ってたけど、500GBじゃそれも完全にカバー出来なくなってきちゃったしなあ。
と思うと居ても立ってもいられなくなり、外付けHDDを購入することにしました。


選んだのはBUFFALO製の3TB

で、何気にAmazonで探してたんですが今って外付けハードディスクって安いんですね。
なんと2TBで1万円を切る価格。
一昔前からすると夢のよう(笑)

気になったのがBUFFALO USB3.0 外付けハードディスクだったのですが、2TBで9,500円ほど。
でも3TBでも12,000円ほどだったので、どうせなら3TBにするかというこで購入。

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 2TB HD-LC2.0U3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

12,000円の出費はやっぱり痛いんですが、まあこれは仕方ないですよね。
そう言い聞かせてポチッとしときました(笑)


実際の使用感

注文して2日後くらいに届きました。
ボディも黒でなかなかカッコ良いです。

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク 3TB HD-LC3.0U3/N
早速、Mac用にフォーマットしてタイムマシーンでフルバックアップ開始。
700GBをバックアップするのには結構時間がかかるので夜にセットして放置しておきました。

バックアップ中に少し様子を見てたんですが、動作音もあまりしません。
てかかなり静か
仕事などで頻繁に使うわけでもないし、常時接続してるわけでもないので元々動作音とかは気にしてなかったんですが、これはストレスなく使えそうです。

しかし3TBもあると700GB、それに他のデータも移行しても1TBも使わない。
こりゃしばらくは安心だな。


子供たちのデジタルデータの保存方法

今回、外付けハードディスクを購入してバックアップを取りましたが、ハードディスクだっていつかは壊れる可能性だってありますよね。
母艦たるMacのデータがいっぱいになれば外付けに保存して元データを消すわけですが、じゃあ外付けハードディスクがある日突然壊れたら全滅になるリスクもありますよね。

そう思うと子供のデジタルデータの保存って何が一番ベターなのかって考えてしまいます。
動画ならDVDに焼いておく、画像ならプリントアウトしておくってのも必要なんだろうなあ。
でも、画像はともかく動画はハイビジョン対応で撮影しているものも多く、DVDに焼くとデータが劣化しちゃうし。

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク 3TB HD-LC3.0U3/N
ブルーレイって手もあるんでしょうが、Macはそのままでは焼けないしね。
いっそのこと動画はYouTubeで非公開にして保存してみようかとも考えてます。
最近のYouTubeはかなり重たいデータもアップ出来るって言うし。

何にせよ、デジタルデータってのは気軽に撮れるけど、その保存に気を遣いますよね。


今日のまとめ

とりあえず3TBという大容量のおかげでしばらくはバックアップに困らなさそうです。
が、上でも書いたように画像くらいはプリントしてアルバムにしておいた方が良さそうですね。

どうしても「いつか、そのうち」と思ってしまいますが、データ消失してからでは遅いですよね。
と自分を鼓舞して「近いうち」に実行したいと思います(笑)

スポンサードリンク

-Mac, アップル

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。