クルマ

当たられた側も手間がかかる・・・ 追突事故に巻き込まれ時にすることの流れ

2016/10/01

事故処理
安全運転を心がけなきゃと改めて思ってるnovです。こんばんは。

先日、オカマほられちゃった訳ですがやっと事故処理が全て完了しました。
意外に修理代が高かったことに驚いたり、当てられた方もいろいろ対処しないといけないので面倒だなあなんて思ったり。
やっぱり事故って被害者でも大変ですよ。

今後の備忘録のためにも事故が起こった時からの流れを書いてみます。
ちなみに今回の流れは追突された場合なので、他ケースの事故の場合は若干違う場合もありますのでご注意を。


追突事故に巻き込まれたら

事故当日の流れ

事故処理
後ろから当たられた!
まずは気を落ち着けましょう。

【1】ケガの確認

自分はもちろん、同乗者にケガがないか確認ですね。
相手も含めて大けがしてるようだとすぐに救急車の手配をしなければなりません。

【2】車両を安全な場所に移動する
当たられた場所にもよりますが、車が動く状態ならば安全な場所に移動します。
ただ、事故現場から大きく離れるのは事故の検証などにも影響するので、路肩ぐらいがベストかな。

【3】警察を呼ぶ
事故を起こされたなら必ず警察を呼びましょう
警察を呼んでないと事故の証明が出来ないので、相手が示談するからといっても保険などが下りなくなるので必ず警察に連絡です。

【4】相手の連絡先を確認
警察を呼んでもそんなにすぐに来てくれませんので、その間に相手の連絡先を確認します。
電話番号はもちろん、免許証なども確認して住所等も確認しておきます。
この時、相手が保険を使うのかどうかを確認し、出来れば保険会社を聞いておくと良いかと思います。

【5】保険会社に連絡
追突事故の場合は100%相手の過失なので自分の保険を使うことはありませんが、念のため保険会社に連絡しておくとベター。
その際にするべきことを教えてくれますよ。
そして相手にもその場で保険会社に連絡してもらって下さい。
基本的に、今後は相手の保険会社と話しをすることになります。

【6】警察の対応
事故の規模にもよりますが、警察がその場で状況等を確認します。
この時に自賠責保険や免許証を確認されます。
一通り話が終われば、事故証明は数日で出るからあとは当事者同士で話ししてねと言われるので、あとは保険会社と話ししましょう。

【7】クルマ屋さんへ連絡
車の修理を手配しなければならないので、修理してもらうクルマ屋さんへ連絡します。
入庫日などを調整して、相手方の保険会社へ連絡。
修理に日数がかかる場合は代車の手配をお願いしましょう。

【8】病院へ
もしケガをしてたり、むちうちのような症状を感じてるなら病院にも行きましょう。
最初は大丈夫でも後から痛み出すこともありますので、違和感を感じればすぐに行くベきですよ。
その際は交通事故でと病院に事情説明すること、相手方の保険会社に通院することを伝えておきます。

といったのが当日の一連の流れですね。
当てられた時は軽くパニックになりますが、落ち着くことが大事です。
とにかく、警察、相手の連絡先の確認は最優先事項なのでここはお忘れ無く。


示談完了まで

事故処理
【1】保険会社からの連絡
事故のあとに相手側の保険会社から連絡が入ります。
状況などを確認されますので、間違いがないか、そしてこちらの希望(代車、通院、修理するクルマ屋など)を伝えましょう。
ここで希望を伝えておかないと後のトラブルになりかねるのでご注意ですよ。

【2】クルマ屋に入庫
自分のクルマを修理するためにクルマ屋に入庫します。
クルマ屋さんが修理見積もりを出して保険会社と話しをしてくれますので、あとは任せましょう。
代車がある場合は、保険会社が手配してくれるのでここで乗り換えですね。
あとは修理が完了するのを待ちます。

【3】保険会社からの最終確認
修理が終わるとクルマの引き取りに行きましょう。
その後、相手方の保険会社から連絡が入ります。
修理の費用や通院費、代車代などの内容を確認されますので、それで問題ないようであればこれで示談は終了です。
僕の場合は電話の口頭で終了しました。
これでお終いです。

ざっと流れはこんな感じです。
結構あっけないですよ(笑)
僕の場合は通院もなかったから余計にそうだったのかも知れません。

これが大けがをして入院してたなら、その際の仕事の補填などいろいろ他に費用がかかるので、その辺りで面倒なことになるかも知れませんが、流れとしては以上です。
実際の加害者としゃべる機会はありません。
その辺りは気が楽ですね。


今日のまとめ

事故に巻き込まれると自分になんの過失もないのにいろいろ動かないとダメなのでちょっと面倒なことになります。
なんだか理不尽だなあと思いますが、相手に任せる訳にいかないので仕方ないですね。

そう思うと安全運転を心がけないとと思います。
まあ当てられるのは避けようがないんですが(笑)
ともかく、加害者になるともっと大変なので安全運転を心がけたいと思います。はい。


チョロQ zero Z-25c NV350 事故処理車

スポンサードリンク

-クルマ

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。