いただくと嬉しいお酒ナンバーワン!「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分」を呑んでみた感想

いただくと嬉しいお酒ナンバーワン!「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分」を呑んでみた感想

日本酒大好きなnovです。こんばんは。

今やプレミアムな日本酒の代名詞として有名な獺祭
ラッキーなことに先日、親戚からいただいたので久しぶりに堪能することが出来ました。
しかも獺祭の中でも人気の磨き二割三分
以前、親父向けに父の日のプレゼントに買っていった獺祭 純米大吟醸50と比べても倍近く高い人気のお酒ですよ。
さてさて、お味の方はいかがだったでしょう!?


獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分を呑んでみた

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分とは

獺祭とは山口県の旭酒造が製造する日本酒のことでプレミア価格がつくお酒としても有名です。
山田錦という素晴らしいお米を使い、洗米からこだわりをもって製造される獺祭は国内外を問わず評価も高いようですよ。

その中でも獺祭の中でも純米大吟醸 磨き二割三分は最高品質と言われるお酒です。
名前が表す通り精米歩合が23%であることが特徴で、これは驚異的な数値なんだとか。
お酒の製法についてはよく分かりませんが、とにかくこの数値はとんでもないものらしいです。

獺祭
※画像は公式ページより引用

→ 獺祭磨き二割三分物語 / 旭酒造公式ページ

とにかく製造に通常では考えられないほどの時間と労力がかかってるってことですね。
スゴい。
製品の誕生や製法のバックグラウンドってのは、こだわりの製品であるほど興味深いものがありますね。


実際に呑んでみた

製品のバックグラウンドの話は置いといて、早速呑んでみましたよ。
噂の獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分、いかがなもんでしょう??

獺祭
第一印象は、”甘い“という感想でした。

前に呑んだ大吟醸50もそうですが、フルーティな味わいっていうんですかね。
ツンとくるような日本酒独特の味わいがなく、日本酒っぽくない感じで呑みやすい。
何となく白ワイン感覚で呑めるので女性にも人気ありそうだなあと思います。
噂通りかなり美味しいお酒ですよ、これは。

ただ、常々の評判やプレミアム価格(720mmで8000円前後)から、自分の中ではかなりハードルが上がってしまっていて、ちょっと物足りない感もありました。
味が軽いって言いますか・・・
まあ、それが売りのお酒なので僕の勝手な想像がそう思わせたんだと思いますけどね(笑)

仮に獺祭ですよと教えられずに呑まされたら「何この美味しいお酒!?呑みやすいなあ」となるのは間違いありません(笑)


贈答品やお祝いに最適

この獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分ですが、プレミアム価格が付いています。
例えばネットでも720mmで定価5000円ほどに対して多くのショップが8000円前後ほどの値を付けています。


これでも一時期よりは落ち着いたようで1万円という価格が付いたりしてた時期もあったんだとか。
720mmですよ!?一升瓶じゃないですよ。
やっぱり高級酒だよなあと思います。

僕は720mmくらいなら結構なハイペースで呑んじゃうので、この価格みると恐ろしくて晩酌用としては絶対に呑めません(笑)
やっぱり今回のようにいただくと非常に嬉しいお酒なので、贈答用やお祝い事に開ける特別なお酒って感じですね。
名前も通ってるし、特にお酒好きな方への贈答品としては抜群じゃないでしょうか。

ちなみに僕が日本酒好きになったきっかけはこちらのお酒。


白瀧酒造の上善如水
味わい的には獺祭と同じくフルーティな日本酒です。
今ではコンビニでも見かけるようになったので、たまに買って呑みます。

獺祭は高すぎ、手に入りにくいという方にはこちらもオススメですよ。


今日のまとめ

ということで獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分を呑んでみた感想でした。
僕が呑んだ中でもトップクラスに美味しいお酒です。
でも、プレミアム価格が付いてるってのは僕的にはどうかなあと思います。
もちろん美味しいのは間違いないし、それだけ人気がある証拠なので仕方ないことだと思うんですが。
とか言いながら、やっぱり美味しいお酒なので呑む機会があればテンションあがること間違いないんですけどね(笑)

お酒カテゴリの最新記事