子育て 小学校 成長

娘のランドセル選びと昨今のランドセル争奪戦について思うこと

来年、娘が小学生になると思うと時が経つのは早いなあとベタに思ってるnovです。こんばんは。

我が娘は現在6歳の幼稚園年長組。来年の今頃はピカピカの1年生なのですよ。
小学生になるには色んな準備がありますが、その中でも一番に思い浮かぶのはランドセルですよね。
娘のランドセルもそろそろ考えないとなあと思ってるのですが、昨今のランドセル争奪戦がスゴいことになってまして・・・
ランドセル買うのってこんなに大変だったっけ!?


ランドセル争奪協奏曲

娘のランドセル選びについて

娘のランドセルですが、まだどこで買うかというのは決めていません。
今小3の息子の時に買った土屋鞄のランドセルは満足度も高いし、同じものでもいいかなとも思っています。

でも、その反面、もう少し安価なものでも機能的なもの、娘の好きなデザインのものでもいいかなと思ってもいるんですよ。
例えば息子に買った土屋鞄のランドセルは品質もいいし丈夫なのですが、その反面ちょっと重かったり、A4ファイルサイズが入らなかったり。

そんな中、先日、近所のイオンがランドセルの展示フェアをしてるっていうので見に行ったんですよね。

ランドセル選び
イオンではCMでもお馴染みのような有名なものが置いてあったんですが、なかなか良い感じ。
娘も色んなカラーのを見ては背負って楽しそうにしておりました。

さてさて、どうしようかなと思ってたんですが・・・


子供に選ばせる時間がない

上で書いたイオンの展示フェアを見て、今度は息子の時に買った土屋鞄や人気の鞄工房山本のお店でも行ってじっくり考えようかなと思ってたんですが・・・

まず、あまり深く考えずに見に行ったイオンの展示会でも、その2、3日中に買えば安くなる早期予約を実施していて、早めの購入を勧めていました。
でも、さすがに6月に決めちゃうのは早いんじゃないかと思って買わなかったんですよ。
実際に3年前に息子の土屋鞄のランドセルも8月下旬に見に行ったくらいだし。

土屋鞄 ランドセル職人が手作りするお店「土屋鞄製造所 童具店・京都」に行って来たよ!

でもね、先日驚きの情報を聞きました。
候補の一つだった鞄工房山本は来年度販売分を受け付け開始した初日に飛んでもない行列が出来て、大変な混乱ぷりだったんだとか。
あまりにも店舗に人が殺到して近隣の迷惑になったりとか、購入まで8時間を超えたと言われるすさまじい混雑っぷりに体調を崩される方、そして店に入れない方や買えない方からの問い合わせが殺到して、お店は翌日から臨時休業になる事態になったんだとか・・・

→ 今後の店舗運営とランドセル販売につきまして | 鞄工房山本 お知らせ


こういうことを受けてか、7月1日から来年用の販売を予定している土屋鞄でも事前のお知らせが出ています。

→ ご来店の前に土屋鞄からのお願いです


なんですか、この状況は・・・
もう実物見て選ぶなんてレベルじゃないですよ。
ブランドと口コミを信じて写真で選ぶ、そして行列覚悟の争奪戦に参加するしかないじゃないですか。

イオンなどの展示フェアでの先行販売値引きもこういった有名店の人気や発売時期に合わせてるんだと思いますし、お得に買おうと思ったら早く決断しなきゃなりません。
もうね、6月くらいに動き出しても選ぶ時間がないんですよ。

3年前の息子の時と比べても格段にランドセル選びの時期は早くなってます。
どうしてこうなったんでしょう、ランドセル選び・・・


ランドセル争奪戦に思うこと

人の深層真理としてこの商品は人気があってスゴい!と行列が出来ていたら欲しくなるものですよね。
僕もそんなパターンで物を買うことは少なくありません。
だってなんか焦るし(笑)

でも、来年の4月、10ヶ月ほども先のランドセルがモノによっては5〜6月には決断しなきゃならないのはどうかなあと思うんです。
いや、作ってるメーカーは手作りの所もあるし製造に時間がかかるのは分かるから、この時期にオーダー取って製造しなきゃならないことは分かってます。
良い物に人気が集中して行列が出来たり、争奪戦になるのも市場の原理からも当たり前のことですもんね。

ランドセル選び
僕みたいに実物見て選びたいと思う人も多いとは思うんですけど、そうしようと思ったらもっと前、例えば冬頃、遅くとも4〜5月くらいに店舗に行って確認しなきゃならないじゃないですか。
小学校のランドセルを1年以上前から検討しなきゃならないとか、ちょっと想像つかないですよね。子供も明らかに小学生サイズじゃないし背負わせてみてもしっくりこないでしょうし。

そう思うと、みんな焦らずにじっくり選ぼうよと思ったりします。
上で書いた通り息子の時は土屋鞄で購入しました。
今でも良いもの買ったなと思ってますし、息子も気に入って使ってますから何の後悔もありません。
実際にこだわりや気配りもスゴいし、こういった手作りでこだわりのお店の製品っってのはみんな行列作ってでも欲しくなるのはわかります。

土屋鞄 息子のランドセルが届いたけどパッケージに散りばめられた土屋鞄製造所の心遣いが秀逸で泣かせる件


でも、今思うと息子が欲しかったものというよりは親の僕が欲しかったものだったんじゃないかなと思う時があるんですよね。
何か初めてのランドセル選びだったので、良い物を買ってあげなきゃと思い込んでたのかも知れません。

なので、娘の時は人気の手作りブランドからCMで流れているようなモデルまで、いろいろ見せて選ばせてみようと思ってたんですよね。
その結果、土屋鞄や鞄工房山本などのランドセルを選ぶならそうしようかなと。
それがこうなってしまっては選ばせることも難しくなりました・・・
3年前の息子の時よりも明らかにエスカレートしてるし、驚きました・・・

まあ、現状を見れば「いや、お前がボヤボヤしてるから争奪戦に入れなかっただけでしょ。選択肢を広げたかったらもっと事前から準備しなさいよ。それが嫌ならいつでも買えるモデルから選びなさいよ。」ということなんでしょう。確かにその通りですし、言い返す言葉もありません(笑)

ただ、人気のお店は6、7月に完売、それに合わせて負けずと大手メーカー品も早期予約を促す、その結果一定の人がお得だからもう買っておく・・・

世の中全体がランドセルは1年くらい前から買うのが常識になってきてるこの今の現状に違和感があるんですよね。
なんか季節感がないといいますか、その時期独特のワクワク感がなくなって来てるといいますか。
なんかお盆明けたらコンビニにおでんが並んでる違和感みたいと言ったらいいんでしょうかね(笑)

このまま行くと3年前くらいから予約になって、子供が幼稚園に入学する頃に決めなきゃってことになったりして
笑い事と思うかも知れませんが、僕たちの子供の頃は今みたいな争奪戦も想像出来なかったでしょうし、今高校生くらいのお子さんがいる人にこの時期にランドセル買うと言ったら驚かれたこともあるので、この数年の早期化から考えてもあながち極端なことじゃないかも知れません。
個人的にはこの早期化に歯止めがかかれば良いのになと思います。

でもね、ランドセル争奪戦になるのは仕方ないし市場の原理だけども、結局使うのは親じゃなくて子供
出来れば子供にも色んな選択肢を与えて好きなの選ばせてあげたいじゃないですか。
それが子供のサイズも合わない、デザインや色の好みも変わるかも知れないような早い時期から決めちゃわないと行けないのはどうかと思うんですよねえ。
結局、それって親の好みと考えで決めちゃうことになっちゃいますよね。


今日のまとめ

結局、娘のランドセルですが即完売するような人気のお店では買わないと思います。というか買えない。
さすがに開店前から長時間並びに行くとか、ネットでクリック争奪戦とかに参加する気になりませんし(苦笑)
あ、何度も書きますが、人気のお店が悪いんじゃないですよ。もちろん買いに行く人のことを否定してる訳でもありません。それは市場の原理ですもんね。

でも、一部の人気店を候補から外すとまだ選ぶ時間はある訳でして。
もう一番安く買えそうな早期予約時期は過ぎちゃいましたけど、今後きっとそういうフェアをするお店もあるはず。
子供と一緒にランドセル選ぶ時間ってのも楽しいし、娘の好みも聞きながらじっくり選びますかね。

スポンサードリンク

-子育て, 小学校, 成長

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。