子育て 子育てについて 習い事

子供の習い事の練習記録をグラフ化するなら無料で使えるちびむすカレンダーのガントチャートがオススメ!

ここ2週間ほど息子のリフティング朝練に付き合ってるnovです。こんばんは。

ウチの息子(小4)はサッカーを習い始めて約3年。飛び抜けて上手いという訳ではないけども、所属しているチーム(強豪ではない)の主力にはなっていて親子ともどもジュニアサッカーを楽しんでおります。
そんな中、コーチからリフティングを頑張ってみようと宿題が出ました。4年生は最低100回出来るようになること。
息子は調子いいと100回出来るかなというレベルだったんですが、いつでも100回出来るようになろうということで、毎朝10分という時間を区切って最高回数を記録しています。
そんな時に、なんか見た目で分かるグラフ表がないかなあと探したところ、良いものを見つけたのでご紹介します!


ちびむすカレンダー ガントチャート

ちびむすカレンダー、ちびむすドリルとは

僕がグラフ表として使ってるのはちびむすカレンダーのガントチャート
ご存知の方も多いかと思いますが、ちびむすカレンダーとは幼児、小学生対象の役立ちコンテンツサイトで有名な、ちびむすドリルの中のコンテンツです。

ちびむすドリル

※画像はちびむすドリル公式サイトのキャプチャです。

無料のドリルやかわいいアルファベット表などが無料でダウンロード、印刷して家庭で使えるので、我が家でもお世話になっております。

ちびむすカレンダーとは、ちびむすドリル内にあるコンテンツの一つで、子供から大人まで使える様々なカレンダーを提供してくれています。
もう、このサイトあればカレンダーを買ってくる必要ないですよ(笑)

→ ちびむすカレンダー


ほんと、このサイトは素晴らしいですね。


ガントチャートをグラフ表に使用

で、今回僕が使用したのがこの中の月間ガントチャート。

ちびむすカレンダー

※画像はちびむすカレンダー公式サイトより

ご覧の通り本来は複数進行する予定を書き込んだり、プロジェクトの管理表として使うものです。
でも、これグラフ表として使えそうでしょ?
これを我が家ではリフティング朝練記録表としてこう使いました。

ちびむすカレンダー

縦軸を20ずつで区切って最高400回まで記録出来るようにしてみました。
ちゃんと記録表になってるでしょ??

我が家の場合はリフティングの回数ですが、応用次第でお子さんの習い事の練習記録に使えるんじゃないですかね。
オススメです。


実際に使ってみた効果

ネットで探せばスマホの無料アプリなどで記録出来てキレイなグラフにしてくれるものもあります。
エクセルなどを使っても見た目はキレイな表に出来るでしょう。
でも、僕がしたかったのは次のことなんですよね。

  • いつでも子供自身が確認出来る表であること
  • 子供が自分で書き込めること

  • 親が練習するわけじゃないので僕のスマホやPCに記録してたまに見せるんじゃ意味ないかなと思ったんです。
    出来るだけ子供自身に見える場所、例えばリビングや学習机にあるといつでも今の実力を意識するし、家族全員にも見られるから気合いも入る(笑)
    そのためには電子デバイスで記録するのではなく、紙の表が欲しかったんです。

    あとはさらに自分の実力を確認させるために、子供が自分で書き込めるものというのも重要ですかね。
    自分で練習して自分で記録する。これってモチベーションにも繋がると思うんですよね。

    実際、息子はこういう記録があると燃えるタイプ(笑)
    毎日記録更新を目指して頑張ってますよ。
    きっとアプリでスマホに記録してるよりは効果あったと思います。
    まあ、もう少し大きくなって自分のスマホを持ち出せば、それでも良いけどね。


    今日のまとめ

    ということで、便利なちびむすカレンダーのガントチャートのご紹介でした。
    他にも夏休みの予定表カレンダーなど、便利なものもあるので、ぜひ有効活用してみて下さい。
    ちびむすドリル、ちびむすカレンダーはホントに便利なサイトですね。感謝です!


    スポンサードリンク

    -子育て, 子育てについて, 習い事

    お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。