お出かけ プール・海

驚くほど遠浅でめっちゃキレイ! 若狭和田海水浴場は小さい子供でも楽しめるから家族連れにもオススメ!

海水浴で真っ黒になってるnovです。こんばんは。

8月の第一週目の日曜日という最も混み合いそうな日だったのですが、息子(小4)の希望で福井県高浜町の人気ビーチ、若狭和田海水浴場に行って来ました
いやあ、良いビーチでしたよ!


若狭和田海水浴場に行ってきた!

京都市内から2時間

僕は京都市在住なのですが、京都から海水浴に行くとなると太平洋側よりやっぱり日本海側。京都府北部、福井県の若狭湾一帯に多くある海水浴場に行くことが多いのです。
実際、我が家も例年は由良海水浴場に出かけてました。

丹後由良海水浴場
暑さのピークが過ぎて嬉しいような寂しいようなnovです。こんばんは。 さて、お盆休み期間のことですが子供たちを連れて丹後由良海水浴場に行って来ました。 最近開通した京都縦貫

でも、若狭湾でも人気が高い若狭和田海水浴場にも行ってみたいなと思ってたので、今回は由良ではなく和田の方へ。
距離的には京都市内からであればそう変わりません。



全線開通となった京都縦貫道、そして舞鶴若狭自動車道で約2時間ほどで到着です。
まあ、やっぱり京都縦貫などはこの季節、どうしても混雑するので数キロ程度の渋滞は発生しますが、そこはまあ仕方ないですね。

我が家も朝7時過ぎに自宅を出発。途中で3kmくらいの渋滞を経て9時30分くらいには現地に到着しました。
その時点でかなりの人出でしたけどね。

若狭和田海水浴場

やっぱり海を見るとテンション上がりますね!


ブルーフラッグ取得のとにかくキレイなビーチ

若狭和田海水浴場はとにかくキレイなことで有名なんだそうです。
噂には聞いてましたが、実際に行くと想像以上でした。

若狭和田海水浴場

めっちゃキレイでしょ!!

この画像はインスタグラムでフィルター調整をかけてるので特にキレイに見えますが、実際の画像だとこうです。

若狭和田海水浴場

インスタ画像は青が強調されてますが、実際の画像でも透明度は変わらないのがお分かりいただけると思います。
かなりの距離まで足元がバッチリ見える透明さでした。

若狭和田海水浴場

めっちゃキレイな海だなあと思ってたら、ここは2016年にアジアで初の国際環境認証「BLUE FLAG(ブルーフラッグ)」を取得したんだそうです。
ブルーフラッグとは、水質、環境マネジメント、安全性・サービス、環境教育と情報の4分野33項目の認証基準を全て満足し、毎年審査に合格するしたビーチが選ばれるんだとか。
確かに海はキレイなのはもちろん、各所にライフセーバーも多くいらっしゃったし、少し沖には救難救助用の船も出てました。安全面もバッチリでしたね。素晴らしい!


驚くほど遠浅なので小さい子供でも安心

そしてこのビーチのもう一つの特徴。それは遠浅
とにかく驚くほど遠浅なんです。
どこまで行けるかなと身長140cmほどの息子と一緒にチャレンジしてみたんですが、かなり歩いて行けました。
少し分かりにくいですが、この画像でボートなどに乗ってらっしゃる方の辺りまで息子でも行けます。

若狭和田海水浴場

進む場所にもよりますが、多分数十メートルくらいは歩いて行けます
ライフセーバーの方も多く巡回してくれてるし、これはかなり安心ですよ。

もちろん幼児でも大丈夫。波打ち際なんて大人の膝上くらいの深さがしばらく続くので、ある意味幼児プールみたいなもの。

若狭和田海水浴場

もちろん小さいお子さんは目を離すのは厳禁だと思いますが、急に深くなったりしないので安心して子供を遊ばせることが出来ます
お子さんの海水浴デビューにもオススメですね。


海の家も充実

さすがに人気のビーチだけあって海の家の数も充実しています。

若狭和田海水浴場

二十軒くらいあったんじゃないですかね。

我が家も海の家気分を味わうべく軽食をいただきました。

若狭和田海水浴場

やっぱ海の家といえば焼きそばでしょう(笑)

もちろんビールなどのアルコール類も売ってますし、飲食物を持って来なくても大丈夫ですよ。
お昼時は少し混雑しますが、それでもお店の数が多いからあまり気にならないかな。


混雑具合と気になるところ

とまあ素晴らしいビーチなだけに、やっぱり混雑します。
特に土日はかなりの混雑っぷり。

我が家は朝9時30分くらいに到着しましたが、ビーチ東にある大きな駐車場は最寄りのスペースは既に満車。奧の広めのスペースも半分くらいは埋まってました。
昼からくると満車になってると思います。

そしてビーチも大混雑
海に近い場所は簡易テントを開ける場所を探すのも一苦労。

いやはや、すごいですね。
まあ、ビーチが広いのでイモ洗い状態みたいになるってことはないのですが。

若狭和田海水浴場

あと、人気なビーチなだけに家族連れだけでなく若い人も多く訪れます。
なのでビールなどのアルコール類をかなり飲んで、自分たちのテント付近で大きめの音量で音楽をかけてる方もチラホラ。
缶ビール片手に海の中に入ってる若い集団も結構いましたしね。僕もビール大好きだけど、流石に飲みながら泳ぐのは危険だと思います・・・
あ、あとファッションな感じではなく、フルで刺青のお兄さん方もチラホラ見かけました。
実際に何かトラブルなどが発生した訳ではないですが、酔っぱらってる人が少し多いのは子供が一緒だと少し気になる人は気になるかも知れませんね。

そして最後に帰り道のこと。
この後に舞鶴に寄り道して、18時頃に帰路についたのですが、京都縦貫道は大混雑
舞鶴若狭道と繋がる綾部ジャンクション付近から園部インターあたり、つまりは新しく開通した1車線部分は断続的に車が繋がってました。
距離にして35kmほど、通常であれば20〜30分くらいの所要時間だと思うんですが、1時間15分くらいはかかったんじゃないでしょうか。
多分、この時間帯が混雑のピークだと思いますが、お帰りの時間も気を付けた方が良いかも知れませんね。


今日のまとめ

といことで若狭和田海水浴場に行って来ました。
いいビーチでしたね。子供たちも満足してくれたのでまた行きたいと思います。
ただ、海水浴に慣れてない子供たちは遊んでる間はいいんですが、砂だらけになってしまうのだけは嫌らしく、やっぱりプールが良いと言ってますが(笑)
まあ、年に1度くらいは家族で楽しめればいいかなと思います。
また来年も行けるといいな。


スポンサードリンク

-お出かけ, プール・海

お読みいただきありがとうございました。宜しければフォローお願いします。