関西電力が運営する丹後の小さな水族館「丹後魚っ知館」は無料エリアが充実してる穴場的水族館でした!子連れにもオススメ!

関西電力が運営する丹後の小さな水族館「丹後魚っ知館」は無料エリアが充実してる穴場的水族館でした!子連れにもオススメ!

日中の暑さにまいってるnovです。こんばんは。

先日、レトロ自販機の聖地と呼ばれる京都府舞鶴市のドライブインダルマに行ってきたわけですが、ついでに立ち寄ったところがあります。
それは宮津にある丹後魚っ知館
実はここ、関西電力が運営する小さな水族館なんです。
リーズナブルで穴場的水族館でしたよ。


丹後魚っ知館

丹後魚っ知館とは

丹後魚っ知館は京都府宮津市にある水族館。



天橋立から少し東になりますね。
先に立ち寄ったドライブインダルマからもクルマで15分くらいの場所でした。

なんでこの水族館はこんな場所にあるかといいますと、実は関西電力が運営しているからなんだそうです。
関西電力エネルギー研究所、いわゆる火力発電所の敷地内にあるPR施設が丹後魚っ知館となっています。
確かに、こんなところに水族館あるの?と思う場所にありますし、完全に関西電力目指して入っていくので、最初はホントにここであってるのかな?と思いましたね。

丹後魚っ知館

駐車場も無料ですし台数もそこそこ駐車出来ます。
しかも警備員付き。さすが関西電力の中ですね(笑)


無料エリアがスゴい!

丹後魚っ知館は小規模な水族館なのですが、有料エリアと無料エリアがあります。
建物の裏側には無料で遊べるエリアがかなり充実していました。
まずはなんと言ってもペンギンやアザラシが見れる屋外水槽がスゴいです。

丹後魚っ知館

足下部分に窓が付いているのでこんな風にペンギンやアザラシが泳いでるところが見れます。

丹後魚っ知館

さらに、定期的に餌やりショーも開催されてるんですよ!

丹後魚っ知館

担当の係員のお兄ちゃんのしゃべりも軽快で楽しめます。

アザラシもこんな近くまできてご挨拶。

丹後魚っ知館

これが無料で楽しめるとはスゴい

この水槽の横には魚やヒトデに触れるタッチングプールもあります。

丹後魚っ知館

まあ、魚にさわるというよりは子供たちの餌やり体験場となってました(笑)
我が家も100円の餌を買って子供たちに餌やりさせてみましたよ。

ビビるくらい魚が寄ってきます(笑)

丹後魚っ知館

岩場の上もピョンピョンと跳んで通れるので、子供たちにとっては格好の遊び場です。
さすがに泳いだりは出来ませんが、足をつけるくらいは大丈夫そうなので、夏場には特に楽しめそうですね。

ちなみにこのプールの向こう側は日本海が見えます。

丹後魚っ知館

いい景色。

さらに奥に行くと風力発電や太陽光発電の施設があり、幼児向けの遊具まであります

丹後魚っ知館

こりゃ小さいお子さんならずっと遊んでられますよ。
しかも無料!

まだまだ無料エリアは終わりません。
館内に入るとエネルギー展示室があります。

丹後魚っ知館

さすがは関西電力の施設、電力をはじめエネルギーのことが学べます。
塗り絵や工作コーナーもあって屋外が暑かったり寒かったりするなら、ちょっとした休憩場所としても使えそうですね。

丹後魚っ知館

他にもちょっとした生物の映像も放映されてますよ。

丹後魚っ知館

しつこいようですが、これ全部無料です!なかなかスゴいですよね!

近所の方なら子供連れてこのエリアだけ楽しんで帰るという手もありですね。
半日くらいは余裕で楽しめそうです。


リーズナブルに楽しめる水族館

もう子供たちも無料エリアで楽しそうだったし、これで十分!とは思ったのですが、せっかく京都市内から丹後まで来たんだからということで、有料エリアの水族館にも入ってきました。
有料といっても大人300円、小中学生150円(小学生以下無料)というリーズナブルなお値段。
さらにきょうと子育て応援パスポートがあれば2割引でした。
きょうと子育て応援パスポートとか子供が小学生になってからはあまり使ってなかったけど、スマホに保存しといて良かった(笑)

中に入ると、まずはドクターフィッシュがお出迎え。

丹後魚っ知館

娘(小2)はビビりまくって手を入れられなかったんですが、息子(小5)の息子は大喜び。ずっと手を入れてました(笑)

そして奥に進むと大水槽が!

丹後魚っ知館

正直、値段を考えるとこんな立派な水槽があると思ってませんでした。関西電力さん、すいません(笑)
子供たちも興味津々。

丹後魚っ知館

大水槽だけじゃなくテーマ別の小さい水槽も充実してます。

丹後魚っ知館

コバンザメもこんな感じで観察出来ますよ。

丹後魚っ知館

円形の水槽もなかなか興味深いですね。

丹後魚っ知館

なんかアート的でキレイです。

丹後魚っ知館

そんなに広くないし時間的には30分〜1時間くらいで見てまわれるくらいの水族館ですが、結構な充実っぷりでした。
300円でこれならかなりコスパ良いと思いますよ。
半券持ってれば再入場も可能なので、無料ゾーンとの行き来も出来ます。
両方合わせて楽しめそうですね!


今日のまとめ

ということで丹後魚っ知館に行ってきました。
正直、そんなに期待してなかったのでこのリーズナブルさ、コスパの良さに驚きました。
場所的にクルマでないと行けそうにない場所ということもあって人もそんなに混み合ってないし、まさに穴場の水族館と言えるでしょう。
さすがにここだけで1日遊ぶのは厳しいので京阪神から行くなら、他の観光やレジャーと合わせて立ち寄ればちょうど良いんじゃないでしょうか
ちなみにこの辺りと一緒に行くのもオススメですよ。

http://irograph.com/2015/08/post-0783/

http://irograph.com/2018/06/post-1307/

http://irograph.com/2017/08/post-1195/

http://irograph.com/2013/08/post-0202/

http://irograph.com/2017/08/post-1196/

この他にも近くに天橋立があるので、一緒に行ってみても良いかも知れません。
今回の我が家はドライブインダルマ行って魚っ知館、その後に加悦町にあるリフレかやの里で温泉に入って帰るルートで遊びに行きました。
残念ながらリフレかやの里はレストランが貸し切りパーティやってたので、昼ご飯がまだだったので他の温泉に行ったんですけどね。
その話はまた今度!

お出かけカテゴリの最新記事