子供と行く真夏の姫路セントラルパーク!フリーパスで昔ながらの遊園地を楽しむ編

子供と行く真夏の姫路セントラルパーク!フリーパスで昔ながらの遊園地を楽しむ編

絶叫系アトラクションもそこそこ好きなnovです。こんばんは。

さて、夏休みに姫路セントラルパークに行って来たのですが、今回は遊園地をご紹介。
姫路セントラルパークといえばサファリのイメージが強いのですが、遊園地も昔ながらの遊園地という感じでなかなかどうして楽しいのですよ。
お盆時期の混雑具合なども合わせてお届けします。


姫路セントラルパーク遊園地レビュー

入園チケットはコンビニで事前購入がちょっとだけお得

姫路セントラルパーク

小5の息子と小2の娘がいる我が家。午前中にサファリパーク、夜はプールに入る予定だったので、チケットは少し迷ったのですが、せっかくなので乗り放題のフリーパスを選びました。
どうせ、何度も乗りたがって元取れるくらいになっちゃうと思ったので。

が、姫路セントラルパークのチケットは意外に高いです。
そもそも入園料が大人3500円(子供2000円)。まあサファリパーク、それにプールと遊園地を楽しめるから仕方ないとは思いますが。
でも、これに大人3000円(子供2700円)のフリーパスを買うと大人6500円(子供4700円)にもなっちゃいます。
もう一声でUSJやディズニーが見えてくると思うと・・・ねえ。

そんな時、公式サイトにコンビニ限定販売チケットがあることを知りました。
事前にコンビニでチケットを購入すれば、上記金額から100円ずつ安くなるのです。
100円かあ・・・まあ、値引きには変わりないですよね(笑)

我が家はコンビニ限定の中でも食事券1000円付きを購入。
園内のレストランで1000円分使えるチケットも込みで、一人当たり200円ほどお得になりました。

姫路セントラルパーク

たかが200円、されど200円ですよ。
家族4人なら800円もお得!
姫路セントラルパークでフリーパス買うならコンビニ限定チケットをオススメします。


昔ながらの遊園地を存分に楽しむ

姫路セントラルパークの遊園地はいわゆる昔からあるファミリータイプです。
宙づりコースターのディアブロやフリーフォールなどの絶叫系アトラクションもありますが、子供向けアトラクションも数多くあり、今となっては少なくなってしまった古き良き遊園地
我が家はひらかたパークや東条湖おもちゃ王国などに子供をよく連れて行ったのですが、テーマパークよりも意外にこの手の遊園地は子供に好評だったりしますよ。

なので、今回も存分に楽しんできました。

息子が何度も乗ったのは定番のジェットコースター

姫路セントラルパーク

ループしたりしないスタンダードなやつですね。

こっちのトロッコ型コースターのラビリンスも意外にスリルあります。

姫路セントラルパーク

他にも海賊船型の大型ブランコ、グレートポセイドンやアームで繋がれたマシンがグルグルまわるフラッパー、子供向けジェットコースターのいもりんすなど、スリル系アトラクションを楽しんでおりました。
息子的にはやっぱり定番のジェットコースターが一番楽しかったようです。
ディアブロやループコースターも誘ってみたのですが、そこはビビっちゃって乗らなかったんですけどね(笑)

一方の娘。スリル系アトラクションは苦手なだけに穏やかなアトラクションを中心に楽しんでましたよ。

空の散歩ができるあひる艦隊

姫路セントラルパーク

娘は「わー、ドナルドダックがいるー」って言ってましたが、それは違う(笑)

メリーゴーランドに乗ったり・・・

姫路セントラルパーク

気球のアルバトロスに乗ったり・・・

姫路セントラルパーク

ダンボ・・・ちがった(笑)、ぞうさんに乗って空を飛ぶパオパオも楽しみました。

姫路セントラルパーク

定番の観覧車ももちろん乗りましたよ。

姫路セントラルパーク

観覧車からみる姫路セントラルパークはなかなかの絶景。

姫路セントラルパーク

支柱にサビがあったりして、歴史を感じるとともに若干大丈夫かな?と思ったのはここだけの話(笑)

中は暑そうと思ったんですが、上空に行くと意外に風が入ってきてそんなに暑くありませんでした。
一応、うちわも貸してくれるしね。

他にもいろいろ乗ったのですが、娘的に一番ハマったのはミラーナの心理迷宮

姫路セントラルパーク

いわゆる鏡の迷路のミラーハウスなんですが、一風変わってるのが心理ゲームを組み合わせてるところ。
いくつかあるチェックポイントで質問に答えていくと最後に本当の心の姿を記したメッセージをもらえるというもの。
中は少し暗く小さい子には少し怖く感じるかも知れませんが、迷路好きな娘は気に入ったようで、最初に3つのコースを選べることもあり、連続3回チャレンジしてました。
フリーパスとはいえ、入り口のお姉さんに何度も入るお願いするのは少し恥ずかしかったな(笑)

僕的に楽しかったのはショッキングホラーミュージアム。お化け屋敷ですね。

姫路セントラルパーク

昔ながらのお化け屋敷は乗り物に乗って人形のお化けを見て回るスタイルが多いと思うのですが、なんとここは歩いて回るスタイル
しかも入り口で懐中電灯を渡されて、ミュージアムのなってる真っ暗な館内を探り8個ほどあるボタンを押してこいというもの。
いやあ、大人でもちょっと怖かったです(笑)
一緒に入った息子にはこんなとこのお化け屋敷なんて怖くないよ!といって誘ったのに、出てきた時には「お父さんの嘘つき!怖かったやん!」とクレームを受けました(笑)

そしてオススメがもう一つ。
それは南極体験
とにかく暑かった日中。正直、熱中症で倒れるんじゃないかと思うレベルの暑さだったのですが、こちらが憩いの場になりました(笑)

姫路セントラルパーク

マイナス30℃の世界は最高に涼しかったです。
多分、10回近くは入ったんじゃないでしょうか(笑)


フリーパスで利用できないアトラクションもある

フリーパスで楽しんだのですが、一部アトラクションは利用出来ないものもありました。
例えばもう一つのお化け屋敷の死霊城

姫路セントラルパーク

期間限定開催のアトラクションらしいので、まあ仕方ないですね。

でも、納得出来なかったのは重力や視覚の錯覚を楽しむマジックハウスや冒険迷路、砂の中から宝物を発掘するトレジャーハンターなどのキッズ向けアトラクションがフリーパスで利用出来ないのはどうかと思います。
フリーパスも安くないので、特に小さい子が楽しめるものは対象にしておいて欲しいですね。


お盆時期の混雑具合

夏休み、しかもお盆の時期ということで人はそれなりに多かったと思います。
が、多くの方の目的はプールなので、アトラクション自体はそんなに待ち時間が発生しているようなことはありませんでした。
長そうなのでも15分とかくらいですかね。
まあ、本当に暑いので日中に行列並んでまで乗ろうって人は少ないのかも知れません。

ただ、レストランはそれなりに混雑してました。
というのもテラス席はあまりの暑さでみんな敬遠するために、館内の席に集中しちゃうから。

姫路セントラルパーク
姫路セントラルパーク

午後12時前くらいから混み出して2時くらいまでは結構混んでました。
我が家は覚悟を決めて木陰になるテラス席で食べましたけど。

ゆっくり食べるなら早めの利用をオススメします。


オススメ休憩スポット

とにかく夏場の遊園地は暑いです。子供は元気ですがやっぱり熱中症も怖いので定期的に涼しい場所に避難してました。
それが上で書いた南極物語なのですが、まあアトラクションの利用は数分程度。
なのでオススメはゲームコーナー

姫路セントラルパーク

クーラーがよく効いてる上に扇風機まで回してくれてるので快適ですよ。

こちらはお土産屋さんですかね。

姫路セントラルパーク

ここで買うものを選びながら休憩して、帰り際に買って帰るのをオススメします。

あと、園内にもいくつかミストを出してるところもありましたが、こっちは焼け石に水な感じでした(笑)

あとはやっぱりプールですね。
夏のこの時期はナイトプール(18時〜)をやってるというので、それを目当てにやってきたところはあるのですが、流石の暑さで16時30分くらいにはプールに突入しました。
プールの料金は入園料に含まれてるので水着さえ持ってれば最高の休憩?場所だと思います。
まあ、めっちゃ混んでますけど(笑)

ナイトプールの様子はまた別で書きますね。


最後の締めは打ち上げ花火で

そして夏の姫路セントラルパーク遊園地の締めは、やっぱり打ち上げ花火
閉園前、約10分ほど1200発の花火が音と光に合わせて打ち上げられます。

姫路セントラルパーク
姫路セントラルパーク

観覧車やシンボルである風の城をバックに打ち上がる花火は見事
一般の花火大会などより近場でゆっくり見れるので、夏の姫路セントラルパークに行くなら必ず見て帰った方が良いです。オススメ!
※基本は7、8月の土日とお盆期間のようです。開催期間にご注意を。


今日のまとめ

夏の遊園地なんて灼熱だし並ぶのもキツいんですが、姫路セントラルパークはそこまでの混雑でもないので、意外に楽しめます。
アトラクションもテーマパークのような最新のものではないけども、小学生くらいの子供ならこの手の昔ながらの遊園地の方が楽しんでくれるんじゃないでしょうか。
チケット代は決して安いとは言えないものの、サファリやプールまで含んだ金額と思えば、それなりに納得出来る価格だと思います。
元々、我が家もUSJなどのテーマパークもありかなと検討したのですが、真夏の特に混んでる時期のテーマパークよりは、サファリも遊園地もプールも楽しめるこちらの方が小学生にとっては喜んでくれるだろうと判断したのですが、結果的に大満足してくれたようで嬉しい限りです。
夏は一石三鳥の姫路セントラルパーク、オススメですよ!

遊園地カテゴリの最新記事